神戸ハーバーランドに鐘が鳴る、風船が飛ぶ

従業員であることは、毎日毎日、顧客サービスに努めることになります。それが、日々の業務といえども、夕方や夜になってくると、疲れが出てきます。

スタッフの結婚式

そこで、疲れを癒すには、温かい家庭作りが必要となってきます。そのためには、まず、相手を見つけて、話をつけて、新しい家庭を作ることに合意してもらうことになります。

スタッフの結婚式

今日の結婚式は、「その合意作りができましたよ」という、報告会でもあります。

スタッフの結婚式

新郎新婦は、結婚式を行い、神父様の前で、「これから2人で助け合って一緒に暮らしていきます」と誓っています。

スタッフの結婚式

こうなると、その約束を、みんなの前で、発表して、参列者も、「それがいい、それがいい」と言います。

スタッフの結婚式

そして、鐘を叩いて、これから一緒にやっていくことへの、心の準備を始めていきます。

スタッフの結婚式

風船を、参列者全員に持ってもらい、一斉に大空に放ちます。

スタッフの結婚式

そうすると、風船を大空に向かって、七色の光を放って、飛んで行きます。風が吹くと、風の方向に流されて、風船は、消えていきました。

スタッフの結婚式

これからは、仕事で疲れて帰っても、誰かが、明かりをつけて、家で待っていてくれるという、一人だけではないという、励ましの気持ちが沸いてきます。

人は、一人だけでは元気が出ません。無人島に漂着すれば、なんとか話し相手がほしくなります。大都会の真ん中で、大勢の人に囲まれていても、伴侶となるのはたった一人です。そのたった一人の人が見つかって、よかったですね。

従業員同士で、結婚式の二次会では、2人を大いに祝福しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です