沖縄の宜野座養殖場車えびレストラン球屋から、活き車海老が届きました。送り主は、金城正則さんからでした。

おがくずに入った車海老は、低温で保存すると動きません。温度が戻ると、飛び跳ねて活発に動き始めます。

沖縄の友人、金城正則さんから、生きた車海老が届きました。

不思議な事に、車海老は、水がなくてもおがくずの中で生き続けています。

もし、車海老を常温の海水に入れると、泳ぎ出します。

送られて来た活きエビは、(有)宜野座養殖場からの車えびレストラン球屋からでした。

沖縄では車えびの養殖場があちらこちらにあります。

以前に見た養殖場は、その後廃墟になっていました。

車エビの養殖を長年続けていると、次第に貯水場が弱ってきて、車エビの病気が多発するそうです。

海水を入れ替えても、そこに敷いている海砂を取り替えても、集団感染は収まりません。

こうなると、残念ながら車エビの養殖場は、しばらく使えなくなります。

太陽の光に当てて、車エビに有害な感染症を断ち切るように、消毒が必要です。

車エビを生で食べようと思えば、車エビも暴れるので、取扱いが大変です。

リーフレットを読むと、生きた車エビは、氷水に5~10分くらい入れておくと、仮死状態になるそうです。

仮死状態になると、もう、飛び跳ねなくなります。

車エビの調理方法は、生で踊り口、塩焼き、茹で海老、にぎり寿司などが紹介されています。

天ぷらも美味しい食べ方です。

化粧箱に入った車海老は、おがくずがぎっしり詰まっています。

この状態で飛び跳ねられると、おがくずが飛び散るので、一旦ビニール袋の中に全部を移し替えました。

ビニール袋の中なら、車海老が飛び跳ねても、おがくずが散らばる心配はありません。

おがくずの中に手を入れて、慎重に車海老だけを取り出します。

注意しないと、頭の部分で刺されると、大変痛いのです。

沢山車海老が入っていたので、いつもいろいろ頂いているご近所の方にも、おすそ分けをして差し上げました。

最初は活け作りで頂いてみました。

わさびと醤油で車海老を頂くと、噛めば噛むほど口の中に甘さが広がりました。

私の好みでは、水槽に入れて、車海老が泳ぐところを毎日見て、飼育する方が好きなのですが、残念ながら海水の水槽は、今はありません。

2017年12月12日(火)