マーションジャパンの川田幸治さんが、フェラガモブランドのメガネフレームの商談に来られました。

お客様が選んでくれるか、くれないか、選んで頂ける様にフェラガモのメガネフレームを仕入れるのは、かなり予測困難な仕事です。

フェラガモブランドのメガネの商談です。

沢山のサンプルを持ってこられたのは、メガネのフェラガモの代理店をしている、マーションジャパンの川田幸治さんです。

マーションジャパンの大阪地区は、川田幸治さんが一人で担当しているそうです。

自宅がオフィスになっていて、フレームの在庫も自宅で管理しているそうです。

メガネの仕入れには、担当者がいつも頭を悩ませています。

仕入れは、お金を払えば、買える事ですが、仕入れたフレームをお客様に販売するのは、いつのことになるのか分からず、販売が長引けば長引くほど、商品は陳腐化してしまいます。

インターネット通販のように、注文があれば、後から仕入れるという仕入れ方法なら、無駄な在庫にはなりませんが、売れるか売れないか、仕入れの時点では分からないフレームを、どれにしようか、何本買おうかと、決断するのは大変リスキーな仕事です。

一方、卸売りのマーションジャパン側でも、同じ事が言えます。

今持ってる沢山のフレームを、目の前の仕入れ担当者に出来るだけ沢山買って貰わなければ、商品は現金になりません。

私も、商品在庫を前にして、どれが顧客のお気に入りになるのか、魅力的なフレームを探してみました。

フェラガモらしいフレームはどれでしょうか?

このように、川田幸治さんに尋ねてみると、フェラガモらしい特長を備えたフレームはこれです。と、何本かのフレームを選んで、勧めてくれました。

真剣に考えれば考える程、だんだん分からなくなってきました。

なぜ分からないのか、自分なりに考えてみると、私は店舗で、直接お客様の声を聞いていないからです。

やはり、お客様と直接会話をして、どんなフレームを探しているのか、選ぶ事のお手伝いしていなければ、仕入れに自信が持てません。

川田幸治さんの話では、相手先ブランドで、メガネフレームを福井で作っても、国産のフェラガモと、イタリア製のフェラガモでは、フレームの色に違いが出るそうです。

そこで、国産のフェラガモの場合は、イタリアと同じ物を作るのではなく、イタリアでは出来ない付加価値を付けたフレームを開発するように心掛けているそうです。

いろいろお話をした後仕入担当の社員に交代しました。

お客様の要望やら、好みをこれまで聞いてきた専任スタッフと交代です。

<!-2017年11月14日(火)–>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です