明石海峡大橋と、大阪湾から昇る月に引き留められて、今夜も眠りが遅くなってしまいました。

灯りを消して、音を消して、暗くて静かな部屋から、対岸の明石・舞子の灯りを見ています。明石海峡大橋は、淡路から伸びて、舞子に届く竿のようです。

昼間は明るく見える明石海峡大橋も、日が沈んで夜になると、あれが明石海峡大橋だと分かるのは、橋についている照明灯だけです。

昼間の明石海峡大橋を見るのも素晴らしい景色です。

ですが、夜になると、また、別の明石海峡大橋の魅力が暗闇に浮かび上がってきます。

部屋の灯りを消して、テレビの灯りを消して、出来るだけ暗くすると、明石海峡大橋は、その美しい姿を見せてくれます。

今夜は、夜遅く月が東の空から上がってきています。

お酒を飲みながら、暗くて静かな部屋で大阪湾を見ていると、心が落ち着きます。

秋の夜長に、虫の声が聞こえています。

虫の声も、少しずつか細くなっているように聞こえます。

寒さのせいで、虫の声はそろそろ消えそうです。

10分経っても、20分経っても、この暗闇の景色は変わりません。

変わっているのは、少しずつ月が昇っていることです。

右に、海を照らす月影、左に真珠のネックレスを繋いだような明石海峡大橋のイルミネーション、この二つの夜景を見比べながら、時間が経過している内に、グラスの氷が段々と溶けていきます。

この氷が溶けたらそろそろ寝ようかと、自分でこの景色の終わりを考えていても、まだまだ名残が尽きません。

ひょっとすると、月と橋が、私が見るのをやめることを、引き留めているのかもしれません。

遠くから、現実を知らせる声が聞こえてきます。

『博雄さん、早く寝ないと、明日が起きれないよ』という呼び声です。

月と橋に別れを言って、シャッターを閉めて、グラスを置いて、床に入ることにします。