北中城村漁業組合が経営するしおさい市場に行ってみました。

北中城村(きたなかぐすくそん)の漁港には、あまり人気はありません。静かな、落ち着いた地域のようです。 第164回沖縄訪問(13)

北中城村(きたなかぐすくそん)のオリエンタルカフェから帰宅途中に、北中城村漁業組合が経営する「しおさい市場」がありました。

地域の特産品を扱っているようなので、寄ってみました。

漁業組合が経営しているのであれば、きっと美味しいものが見つかるかもしれません。

そう期待してお店の中に入ったら、見事に期待はずれでした。

駐車場には、車が止まっていない様子を見ると、地域の人達は集まっていないようです。

外から見て、人気のない感じです。

漁業組合の車が止まっていて、車の窓ガラスには、「各種アーサ販売しております」の案内が書かれています。

このあたりは、養殖アーサが盛んなようです。

中に入ってみると、レジの方が一人いるだけで、お客様はいないようでした。

何か買う物はないか、何かここだけの物はないか、ショーケースを見てまわりましたが、見つかりません。

しおさい市場から外に出て、このあたりの案内図を見てみましたが、行きたい所も見あたりません。

神戸や大阪にあるような、大きな集合住宅がありました。

この住宅は、町営住宅でした。

片山正喜さんのお家に帰る途中、洋菓子のお店「ジミー(Jimmy’s)」に寄ってみました。

片山正喜さんはチーズケーキを買いたがっていましたが、ホールのチーズケーキは残っていましたが、一人用の小さなチーズケーキは売り切れでした。

ジミー(Jimmy’s)といえば、有名なのは、アップルパイです。

片山正喜さんをお家に送って、その後は、前兼久に帰ります。

金城家に寄ってみました。

金城千賀子さんは、お茶を入れてくれました。

TVの画面は、バナナの栽培についての放送です。

沖縄で、バナナができるかどうかの最大の要因は、台風です。

台風が来なければ、毎年バナナは収穫できます。

しかし、大型台風が沖縄に上陸すれば、バナナの木は倒れてしまいます。

一緒にぶどうを頂いて、お茶を飲んで、今日はどこに行ってきたか、そんな話を、金城千賀子さんと奥さんは話しています。

ブドウはよく熟れて、甘みのある美味しい葡萄でした。

沖縄本島は、あちらこちら、著名なところはまわっているので、どこに行こうか困ってしまいます。

どこか面白いところはないでしょうかと、金城千賀子さんに尋ねてみましたが、金城千賀子さんが言うには、沖縄に住んでいる私より、神戸の松葉さんの方が沖縄に詳しいですよと、笑われてしまいました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です