上地雄輔さんが、ブログでギネス記録を作っています。私のブログ社長研究室2004年2月16日より長い記録があれば、教えて下さい。

日本で毎日更新して、最長記録のブログは、いつから始まっているのでしょうか?2004年より長いブログがあれば、ぜひ教えて下さい。

神戸の和食の名門、日本料理しげ松のお弁当を、お昼に奧さんと一緒に頂きました。

しげ松の弁当は、お昼の休み時間を利用して勉強会をしたので、その時に参加したスタッフに用意されたお弁当です。

いつものように、近隣の飲食店をぐるぐる回って、今日は何を頂こうかと頭を悩ますより、お弁当があれば、外に出ることもしなくてよく、ラクチンです。

しかも、重松のお弁当なら、なおさらです。

毎日、社長研究室の記事の更新を考えているとき、少しでも変わったことがあれば、記事になるように一つ一つの出来事を、どのように捉えたら記事になるか考えています。

その時ふと、社長研究室のブログは、ひょっとするとブログとしては相当歴史が長いのではないか、と思いつきました。

そこで試しに、インターネットで個人のブログでギネスブックに登録されているブログとはどんなブログなのか調べてみると、上地雄輔さんが3つもギネス記録を持っているそうです。

それでは、日本の個人のブログで、長い歴史のあるブログとは、誰のブログで、いつごろから始まっているのか調べてみました。

はっきりとは断定できませんが、2005年9月から始めたブログが、日本で最長記録ではないかと書かれています。

もちろん、毎日更新を続けていて、途切れのない最長記録です。

それなら、私のブログ「社長研究室」は、2004年2月16日から始めています。

毎日毎日更新して、今では5018日、13年と8ヶ月あまりです。

この間の記事本数は、なんと7618本です。アクセス数は、375万アクセスを超えています。

しげ松のお弁当を食べながら、iPadを見て、いろいろ調べてみても、これだけのブログに関する記録は見当たりません。

しかし、世の中は広いので、ひょっとすると私のブログを超えるものもあるかもしれません。

こう考えると、インターネットで呼びかけて、私のブログより長く継続しているブログはないのか呼びかけてみるのも、面白い事だと考えました。

しげ松のお弁当は、沢山のおかずがぎっしりと詰まっていて、箸でどれを頂こうかと考えながら、一方ではブログの事を考えつつ、お昼のお弁当が進んでいます。

そういえば、しげ松の女将さんも、毎日のようにお店の事をFacebookに投稿しています。

行った事もないお店なら想像が難しいのですが、しげ松のお店には何度も行っているので、あの女将さんが色々と考えながらフェイスブックの投稿をしている様子が浮かんできます。

しげ松の女将さんと、ゆっくり話が出来たのは、2015年5月の食事会の時です。

とても美味しい和食で、それもそのはず、料理長はご主人の重松良三さんで、料理の鉄人と言われた方です。

今日は、奧さんと外に出て、お昼に何を食べるか考えなくてもよかったので、しげ松のお弁当を食べている内に、ついつい、毎日更新のブログ社長研究室の記録について、考える機会が出来ました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です