読谷のホテル日航アリビラは、顧客満足度No.1だそうです。確かに良いホテルです。

格式の高いホテル日航アリビラは、食事にも、お茶を飲むのにも、沖縄らしい雰囲気の良いホテルです。 第164回沖縄訪問(9)

読谷のゆんた市場を見た後は、読谷の周りをぐるっとまわって、海辺にあるホテル日航アリビラに行きます。

アリビラは格式の高いホテルです。

ある雑誌では顧客満足度ナンバーワンでした。

今日は結婚式のカップルが何組かいるようです。

ラウンジに入って、片山正喜さんと奧さんと私の三人でお茶を頂きます。

パンケーキセットと、私は緑茶セットを注文しました。

ゆったりとした喫茶室で、ソファも広く、窓からは暑い日差しが注ぎ込んでいます。

片山正喜さんと、次はどこに行こうかと相談しても、もうほとんどの所は行き尽くしたような感じです。

思い出したのは、来年の年賀状を飾る写真を、この旅行中に沖縄で写しておくことです。

外に出て、奧さんと二人並んだところを、片山正喜さんに写してもらったらどうかと考えて、外に出てみましたが、どうも適当な場所が見つかりません。

外に出てみると、まだまだ真夏です。プールでは何組かの人が泳いでいます。

年賀状に使う写真に、真夏のような沖縄ではどうかと、反対意見が出ます。

そんなことを言っても、どこかで写しておかないと、神戸に戻って、適当な場所が見つかるわけではなし、意見は奧さんとまとまりませんでした。

私は、一人でアリビラの外を回ります。

10月になっても、屋外プールでは、水温30度を超えていて、寒くない様です。

結婚の記念写真を撮っているグループもいます。

プールと並んですぐ側の海辺にもビーチパラソルが並んでいます。

ふと見ると、鳩が羽を休めています。

この鳩は、私を見ても、驚いて飛び立とうとしません。

羽根を広げて、本当に羽を休めています。

アリビラのすぐ外にある海辺は、泳ぎたくなるようなお天気です。

波も静かで、まるでハワイです。

この背景で、正月写真だっていいのにと思っていましたが、奧さんは反対意見だったので、片山正喜さんとアリビラの館内に行ってしまって、年賀状用の写真はここでは写せませんでした。

結婚式の写真が撮れるのだったら、年賀状の写真だってこれでいいのにと思っても、奧さんからすれば、景色だけでなく、今日着ている服もお正月には似つかわしくないようです。

アリビラを出て、次はどこに行くかあてもないので、とうとうホテルに戻ることになりました。

ホテルで一休みした後、夕方は奧さんとムーンビーチホテルに散歩に行きました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です