読谷のゆんた市場では、愛媛の柿が詰め放題で売られていました。

読谷のゆんた市場の温室では、プルメリアの苗木が沢山売られています。買って帰りたい気持ちが逸ります。 第164回沖縄訪問(8)

読谷の海人食堂で昼食を頂いた後は、読谷の町役場の近くにある『ゆんた市場』に行きます。

この辺りは、アメリカ軍が基地にしていた土地を返還してくれた場所で、かなり広い土地が沖縄に戻り、それを利用した市場です。

ゆんた市場は農産物と植物が売られています。

ゆんた市場では、本日は内地から取り寄せている柿の詰め放題をやっていました。

四国の愛媛産の柿が、遠く沖縄まで運ばれ、ゆんた市場で売られているのには驚きました。

沖縄の弁当は安くてお腹いっぱいになるほどの量が入っています。

孝行屋弁当これが430円ですからとても安いです。

ゴーヤが入った弁当があります。

沖縄では、生ものは傷みやすいので、大抵の食材は火を通しています。

野菜の入った弁当もあります。300円程度の弁当もありました。

鹿児島産手羽元の詰め放題もやっていました。

これがビニール袋いっぱいで310円です。

立派なパパイヤは1100円で売られていました。

10kgの大きな冬瓜(とうがん)がありました。1100円ですから安いです。

冬瓜は日保ちするので、台所に置いていて、食材がないときには、冬瓜を汁物に使います。

南瓜を料理するようなサイズで切って、他の野菜と一緒に煮込みます。

もやしは詰め放題で売られています。

100円で詰め放題です。詰め放題と言っても、ビニール袋は小さいので、そんなに沢山は入りません。

島バナナを買ってみました。

青いバナナも、一日おいておけばすぐに黄色くなり、二日も経てば黒くなってきます。

島バナナは食べてみると美味しかったです。

隣の温室に行きます。植木がたくさん売られていました。

沖縄の植物は興味があります。

しかし今買うと、神戸に持って帰って植えても、あっという間に冬になるので、沖縄で亜熱帯植物を買うのは、気温が上がってくる来年の春からです。

三尺バナナの鉢植えは9900円でした。

買いたい物がたくさんあるのですが、持って帰るのが大変なので見るだけです。

こちらではまだトマトの苗が売られています。

欲しいと思ったのはプルメリアの苗ですが、これから内地は寒くなってくるので、こちらも買うとしたら来年の春です。

プルメリアの苗を植える時は、どんな花が咲くのか、鉢に咲いた花の写真が付いていなければ、分かりません。

あれも欲しい、これも欲しいと亜熱帯植物を見て、購買心を抑えるのに苦労しました。

プルメリアの花は、匂いも良いので、プルメリアの咲く側で、ゆっくりお茶などを飲むのは私の理想です。

隣にもう一つ別の新しい建物がありました。

そちらに行ってみると、公共の建物で、特に見るべき物はありませんでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です