恩納村役場では、長野県川上村でレタス栽培の技術指導を受け、恩納村の農家にレタス栽培の指導を始めています。

出雲の西浜芋(紅あずま)を、沖縄恩納村の金城家で天ぷらにして頂きました。 第164回沖縄訪問(4)

山原(ヤンバル)で彼岸桜の狂い咲きを見た後は、恩納村前兼久に向かって帰ります。

途中、メイクマンで植木がないか見てみます。

植物が好きなので、神戸に持って帰る小さな苗木がないか見たくなるのです。

これから寒くなるので、苗を買う時期ではないのですが、そうは分かっていても見たくなるのです。

プルメリアの花がありましたが、これは枝が大きすぎて持って帰れません。

ホテルの部屋からは、夜になると前兼久公民館の灯りがついてきて、グラウンドが明るくなってきました。

少年野球の練習が始まるそうです。

これから金城正則さんの家に行きます。

沖縄では、今最も重要なニュースは、米国軍ヘリコプターの墜落事件です。

今日もその様子が、逐一テレビで報道されています。

台風21号が発生しているそうです。神戸に帰るのに影響するでしょうか。

金城家では金城正則さんと、テレビでゴルフを見ながら、泡盛を頂きます。

奧さんは長女から貰った島根県産の美味しいお芋を沖縄に持って来ています。

これを薄く切って天ぷらにします。とても甘くて美味しい天ぷらでした。

神戸からはミンチカツとコロッケを持って来ています。これをフライにします。

金城正道さんが自宅でキムチを漬けたそうで、これも頂きます。

金城正道さんは、恩納村役場に勤めていて、役場では農業をサポートする仕事をしています。

その為、長野県に行って、レタスの栽培を研修してきたそうです。

長野県で学んできたレタス栽培の技術を応用して、恩納村の農地で、実験的にレタス栽培をしています。

そして、長野県で学んだことが恩納村でも応用できることが実践できたら、それからは恩納村の農家にレタス栽培を教える立場になります。

既に、コープやホテルから、試験的に作ったレタスのサンプルを味わって頂き、これならうちでも使おうという内諾をもらっているそうです。

キムチの製造も、長野県での白菜を作る農家から、伝授されたそうです。

金城正則さんは、海に出てスズメダイを釣ったそうです。それを唐揚げにしてくれています。

泡盛は美味しいな、沖縄で飲む泡盛は美味しいなとついつい何杯も飲んでしまいました。

明日ムーンビーチ沖で、船から打ち上げる花火大会があるので、金城正則さんは私達も招待してくれました。

観光客が集まる場所は、ムーンビーチホテルの浜辺です。

浜辺では明日夕方から、フラダンスの舞台があるそうです。

明日はお天気になりますように。

泡盛を飲んだので、車の運転はできません。歩いて帰っています。

2017年10月13日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です