日清食品の製品詰め合わせセットを、社長が提供して、社員の皆さんにくじ引きで差し上げます。

日清食品の株主になれば、日清食品の製品詰め合わせセットが頂けます。それは、職場のヒューマンリレーションシップの一貫として活用されています。

社長さんは大変です。社長さんは会社の大きな事や、中くらいのことや、そして小さいことも考えていく必要があります。

小さいことの例として、日清食品の株主優待で頂いたラーメンが、沢山余っていました。

日清食品の株を所有すると、一年に一度、日清食品の製品詰め合わせプレゼントがあります。

日清食品といえば、代表的なのは、チキンラーメンでした。

さらに、カップヌードルも有名です。

日清食品は明星食品を合併したことで、日清食品の中に、明星食品の製品も加わってきました。

段ボールいっぱいに日清食品から製品詰め合わせが届きました。

今の社長の食欲の実力では、とても食べきれません。

そこで、社員の皆さんに日清食品の製品を差し上げることにしました。

不公平にならないように、くじ引きで、誰に何を差し上げるかを決める事になりました。

日清食品の製品の袋に番号札を付けて、同じ番号をくじで引いた人に、該当の食品を差し上げる事にします。

この準備は、社長さんだけでは出来ないので、社員の応援をお願いしました。

全員が必ず一人一袋当たるわけではありません。

はずれもあるのです。

はずれた人には気の毒なので、お茶のペットボトルを1本差し上げます。

テーブルの上に並べてみると、バラエティに富んだ製品です。

日清食品では、この製品を作るのに、一つ一つ商品開発があったはずです。

昔のくじ引きは、職場では、あみだくじをやっていました。

縦線を沢山引いて、ところどころに横棒を入れて、上から線を辿っていくと、下には、当たりとか、はずれとか、くじの結果が隠されていました。

40人ほどのあみだくじを作るのは大変なので、女子社員の皆さんが考えてくれたのは、お客様によく使うくじ引きの方法です。

こんな細かいことが出来るのも、今は閑散期に入って比較的暇になったからです。

忙しい時ならとてもこんな事はできません。

これも、職場のヒューマンリレーションシップの一貫です。

仕事が終わって、売り場から事務所へ戻った時、仕事の後の一時を、こんなくじで、人間関係が良くなればと思って、行っています。

お湯があれば、すぐに食べられる日清食品の製品なので、お腹が空いたら、すぐに食べても結構です。

2017年10月11日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です