さんちかの麺ロードで勝ち続けているのは、山神山人です。

h3>そごう神戸店の地下食品売り場では、大井肉店の店頭に、NHK神戸の取材チームが来て、取材中でした。

三宮の地下街を巡り歩いて、美味しい物があれば、昼食に頂きます。

さんちかでは、麺ロードがありました。

麺ロードの結果を見ながら、ラーメンを食べてみようと思います。

麺ロードでは、売上げが最下位のお店は、何ヶ月かの集計で、撤退するようにルールが決まっています。

どのお店が撤退したのかは分かりませんが、勝ち続けているのは、「山神山人(さんじんさんじん)」です。

確かに席を見れば、山神山人はほぼ満席で、他のお店には空席が目立ちました。

こうなると、流行るから人が集まる、人が集まるから流行るの循環でしょうか?

注文したのは、私はあっさり神戸流とんこつで、奧さんは白菜炒め醤油です。

とんこつは、こってりとしているのが普通ですが、それをあっさりといった印象にするには、どんな工夫をしているのでしょうか?気になります。

山神山人の麺はかなり細麺で、この細麺は私のお気に入りです。

この、焼き豚チャーシューの枚数は、一枚だけで、それがあっさりしている原因なのでしょうか?

そんなわけはありません。スープを啜ってみると、どろっとした、脂っ気は控えめです。

右隣の若い人は、極細めん替え玉を、2回も追加していました。

それなら最初から3つ玉のラーメンを注文したらいいのにと思いましたが、それはメニューにはないそうです。

一回ごとに、替え玉を注文します。

気になる表現は、替え玉です。

替え玉を使うのは、例えば、試験に別の人が受験する場合、替え玉受験と言います。

警察に出頭するように、誰かをかばって、代わりに自首する場合も、替え玉が自首してきたと、報道されます。

あの替え玉と、この替え玉は、替え玉の使い方が違うように感じます。

ラーメンの替え玉は追加麺じゃないかと思います。

でも、ラーメン屋では、追加とは書いていません。

大抵、替え玉と書いています。

誰かが最初に、追加の麺の事を、麺を替えると言い出したのでしょう。

次は、そごうの地下に行きます。

お肉を見る為に、大井肉店に行ってみると、大井肉店の店頭では、NHKの取材中でした。

お客さんが大井肉店で、お肉を注文している様子を、後ろからNHKのクルーが取材しています。

その中の一人に、テレビの画面で、何度も見た記憶のある人も居ました。

NHKの取材を受けるなら大歓迎のはずですが、大井肉店ではあまり緊張した対応をしていません。

そごうの地下食品売り場の担当者も、あまり大きな事が起きているような対応はしていませんでした。

お肉を見て回ると、炭火焼きには、どれがいいのか迷います。

リブロースステーキがいいのか、サーロインステーキがいいのか迷います。

奧さんは、炭火焼きの焼肉なら、ステーキを焼くような雰囲気ではなく、焼き肉用の、ハラミ、ミノ、ロース、塩タンなど、人気のお肉にした方が良いのではないかという意見です。

ロースとか、ハラミのお肉は、一枚を焼いて、それを取り皿にとって食べる事になるので、短時間で終わってしまいそうです。

確かに、上等なお肉は魅力ですが、お肉を焼くのが大した時間もかからないので、一枚を炭火で炙ってやれば、すぐに終わってしまいます。

屋外で焼肉の煙が立ちこめるような炭火焼きをしようと思えば、一枚きりのサーロインステーキでは、焼肉パーティーの雰囲気になりません。

そういうことで、上等なお肉を、上等な方法で焼いて、かしこまって食べる、上等な方法は見送ることにしました。

上等なステーキは、部屋の中で、テーブルに座って食べた方がいいようです。

大井肉店では、店頭が横に長く伸びているので、先ほど、NHKの取材をしている場所と、そこから少し離れた場所とでは、お店の雰囲気が全然違っていました。

端の方には人だかりもなく、いつものように、変わらない接客風景でした。

2017年9月30日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です