沖縄国頭村奥共同店と金秀グループ 第80回沖縄訪問(10)

沖縄国頭村奥共同店は100年目 金秀グループの「第75回日本プロゴルフ選手権大会」は2007年開催の話を聞きました。
【沖縄の海、空、花、自然と素晴らしい人たち その10】

夜のことです。今日1日中、金城正則さんにお世話になりました。お陰で、沖縄の海で魚を追かっけて、美しい海と景色を飽くまで堪能できました。

夜も、食事に招待していただきました。そこで、また金城さんのお家に行きます。クレアちゃんのお母さん、利絵ちゃんと一緒に食事です。利恵ちゃんは、お母さんと言ってもまだ若いですね。

今日の話の中に、松葉博雄のホームページを見て、大変興味を示してくれた方がいるとお聞きしました。お名前は、山川始さんです。

山川始さんが、ヤンバルの方にある奥共同店が100年を迎えたということで取材に行かれたことが、新聞に出ています

どんな方なのか、奥共同店とは、どんなお店なのか、興味が出てきましたので、こんど奥共同店に行ってみたいと思います。

沖縄で初めて共同売店ができて、もう100年になるそうです。山川始さんは、奥共同店に取材に行って、その記事が沖縄の新聞に紹介されています。

しばらく金城家でくつろいでいると、仲程學さんがやってきました。仲程學さんの職場である、金秀グループには、金秀本社、金秀建設 、金秀鋼材、金秀アルミ工業、金秀商事、金秀バイオ、金秀リゾート開発、第一産業、金秀トレーディング、金秀グリーン、などの企業があります。

金秀グループでは、目下リゾート開発に力を入れ、喜瀬カントリークラブを作り、2007年の「第75回日本プロゴルフ選手権大会」の会場に決定しています。

会社が伸び盛りなので、仲程學さんも大変忙しくしています。最近は、那覇の方に職場が移って、そちらのほうから、恩納村の方へ行ったり来たりのようです。

今夜はクレアちゃん、ちょっと泣いています。お母さんにちょっと注意を受けたので、自分の思うようにならないので泣いています。

子供の頃泣くのは、誰もが通ってきた道です。子供も我慢、あるいは思い通りにならないということが少しずつ分かるようになります。見ているとちょっとかわいそうですけど、しかし、社会に入って行くためには仕方がないなぁと思っています。これが躾です。

金城千賀子さんが作ってくれたデザートを食後にいただきます。今夜も金城正則さんと金城千賀子さんの温かいおもてなしを受けて、金城家でおいしいビールをいただきました。前兼久の老人会では、グランドで、そして朝日会でも、金城家でもビールをたくさんいただいて、もうフラフラするほどビールを飲んでしまいました。

2006年10月9日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です