花錦戸のまつのはこんぶは、名前の通りまつの葉のように細く、松葉博雄のように良い味です。

花錦戸のまつのはこんぶと、せきやのあわびと、加賀麩不室屋の宝の麩、広島入野きのこセンターのマイタケを使って、手抜きご飯を作りました。

もらい物で、奧さんは食事の用意が出来ました。

奧さんは体調が悪いと、元気が出なくなり、食事の支度も、有る物で済ませようと考えました。

冷蔵庫を開けてみれば、まだ食べきっていない残り物が見つかるのです。

最初に見つけたのは、伊勢神宮の門前でお店を開いているアワビのせきやです。

2013年4月に、リッキー君達とせきやで食事をしているとき、東海テレビの取材を受けた思い出があります。

もう一つは、大好きなまつのはこんぶです。

まつのはこんぶは、ガラス瓶の中に、かなり強く押さえ込むように沢山昆布を入れているので、瓶の蓋を開けて最初食べ出した頃は、食べても食べても減らないようなので、得した気持ちになります。

まつのはこんぶは、こんぶ自体の味も美味しいのですが、煮込む時にすっぽんのだし汁を一緒に使っているということで、一層味が美味しくなっています。

まつのはこんぶを作っている会社は、花錦戸です。

ネットで花錦戸を調べてみましたが、会社のホームページは見つかりませんでした。

どうやら、流通は百貨店に依存しているようです。

お汁に使うのは、宝の麩です。宝の麩は、加賀麩 不室屋の製品です。

ネットで調べると、不室屋のホームページがありました。

これも、頂き物です。

ここまでは頂き物ですが、奧さんが自分で作った漬物がありました。

漬物は、茄子と瓜とキュウリです。

9月になると、瓜の味が一層良くなってきました。

アワビは、刺身のように切って、お皿に盛りつけて、庭の木の葉をそばに添えると、これで一皿できあがりました。

デザートは、頂き物のぶどうです。

広島のお墓を守ってくれている工務店からは、マイタケを頂きました。

作っているのは、広島入野きのこセンターです。

お墓の管理は、とても素人が出来る状態ではありません。

竹が茂ってきて、歩く場所もふさがれるほどの竹の密集に悩んでいます。

その為、工務店にお願いして、機械を使って竹を伐採して貰っています。

しかし毎年のことで、春になるとまた新しい筍が芽を出して、採っても採っても竹取りは終わることはありません。

その為、年々、竹の伐採のための工務店への支払が増えるばかりです。

奧さんは、体調が悪いときは、手を抜いてごめんなさいと謝ります。

結果的には、有る物を集めると、このようなご馳走になりました。

最近活躍してもらっているもらい物は、ふるさと納税の返礼品です。

ふるさと納税の制度は、総務省の規制がかかり、この先返礼率が下がるそうです。

各地の美味しい物や、特産品を頂けたのが、そうはいかなくなるようで、残念な事です。

マイタケの炊き込みは、私が味付け担当です。アワビの漬け汁を入れて焚きました。食べてみると、美味しいマイタケご飯が出来ました。

2017年8月27日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です