鈴虫の飼育の事例では、同じ親から生まれた鈴虫でも、鈴虫専用の土で育てた方が、育ちがいいことが明らかになりました。

6月から飼い始めた鈴虫の幼虫は、8月のお盆過ぎには、早くも澄んだ声で鳴き始めています。鈴虫の鳴き声は、実際は羽根を震わせて出る振動の音です。

沖縄から神戸に帰宅して、驚いたことがあります。

部屋の虫かごで飼っていた鈴虫が、鳴き始めているのです。

リーンリーンと、澄んだ美しい鳴き声で鳴いています。

まるで、私に「おかえりなさい」と出迎えているような鳴き声に聞こえます。

虫かごの蓋を開けて中を覗いてみると、見違えるほどの大きさに成長しています。

小豆の粒くらいの大きさから、ピーナッツの大きさくらいにまで成長しています。

虫かごは、二つに分けて育てています。

一つは、虫かごの下に敷いている土は、園芸用に使う土を代用した虫かごです。

こちらの鈴虫の育ちは、少し遅くなっているようで、鳴き声も聞こえてきません。

もう一つのかごは、ちゃんと鈴虫用の飼育セットを買ってきて、土も鈴虫飼育用の土で育てています。

この二つのかごにいる鈴虫は、同じ所から同じ時期にもらってきた鈴虫です。

それが、鈴虫用のセットの土を敷いた鈴虫は、成長速度が著しく、真夏なのに鳴き始め、餌の食べる具合を比べてみると、同じように餌を盛りつけても、鈴虫用の土で育てた鈴虫たちは、餌を完食しています。

小さな植木鉢を伏せて、鈴虫の隠れ場所にしていると、日中はこの植木鉢の中に集まっていて、暗い場所が好きな事が分かります。

裏返してみると、鈴虫はぴったり植木鉢に張り付くように止まっています。

オスとメスの違いも、はっきりと体型に表れてきています。

メスの方がすんなりとした細身の体つきです。

餌を取り替えるときには、鈴虫用のセットの虫かごには、やや大盛に餌を入れておきました。

植物用の土を使っている鈴虫のケージには、餌は若干少なめです。

茄子とキュウリも、毎朝取り替えています。

鈴虫が鳴き始めるのは、9月に入ってからと予想していましたが、8月のお盆過ぎには、鈴虫たちが鳴き始めたので嬉しくなりました。

同じ親から生まれた鈴虫たちでも、育てる環境が成長に大きく影響することが、今回の飼育で明らかになりました。

鈴虫用の乾いた土に入れた鈴虫のグループは、成長が順調で鳴き始めるのも8月中旬からです。

これに対して、園芸用の土で代用した鈴虫のグループは成長が遅く、隣の箱で鈴虫たちが鳴いているのに、こちらでは全然鳴き声が聞こえません。

氏か育ちか、どちらが大きな影響を及ぼすのか、今回の飼育の例では、氏よりも育ちの方が、生育に大きな影響を与えているのが明らかになりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です