センタープラザ地階のそばの丸亀は、奥まった場所から表通りに移転して、大繁盛です。

インド文化のカレーを使って、日本文化のそばとうどんに応用し、カレーそば、カレーうどんを生んだのは、さすが日本の食文化です。

残暑お見舞い申し上げます。

と言われても、嬉しくないほど暑い日が続きます。

暑くて暑くて、テレビのニュースでは、熱中症の報道が続いています。

今日の昼食は、センタープラザ地階の丸亀に行きました。

私は、具材がたくさん入ったおかめ蕎麦です。

奧さんは、いつも好きなカレーそばです。

この丸亀は、随分前は、もっと奥まったところにお店を構えていました。

あるときから、センタープラザビル地下街の人通りの多い所に店舗が移って、それからお客さんの収容人数も以前よりかなり増えたために、お店は大繁盛です。

40年も前の昔の丸亀を知っている人は今は少ないと思いますが、知っている私から見ると、お店が流行る原因は、丸亀の場合は場所だと思います。

奧さんは、カレー蕎麦が熱くて、相当ゆっくりとしたペースでなければ喉に通りません。

カレーそばを食べる時の注意は、箸でつまんだ蕎麦が跳ねて、カレー汁が衣服に飛ぶ事です。

カレーの汁が飛ばないように、奧さんはハンカチをエプロン代わりに使って、慎重に食べています。

日本の食文化は、応用を利かすことが特長ですが、インドで生まれたカレーを、日本で生まれた蕎麦やうどんに応用し、カレー蕎麦、カレーうどんを生み出しています。

先に終わって、奥さんがカレーを食べ終わるのを待って、今日の昼食は終わりです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です