三宮センター街の万平で、U君が好きな握り寿司をいただきました。

万平の刺身の盛り合わせに、岩ガキが一個入っていました。台風5号の接近のため、お客様が少なくて、1700円の刺身の盛り合わせに、1500円の岩ガキが使われていて、とてもラッキーでした。

台風5号の接近で、孫のU君の学童保育がお休みです。

ママに連れられて、今日はおじいちゃんおばあちゃんのいる、会社の事務所に来ています。

お昼時なので、ママも一緒にセンター街の「万平(まんぺい)」でお寿司をいただくことになりました。

リクエストがあったのは、U君からです。

U君は、お寿司のマグロとイクラが食べたいそうです。

上の階の席に通され、料理を注文して、しばらく待っています。

割り箸の箸袋には、魚の絵が描かれています。

U君に、この魚は何?この魚は何?と、5つの箸袋を順番に並べてたずねます。

全問正解というわけにはいきませんでしたが、フグはすぐわかりました。

私の注文は、刺身の盛り合わせです。

今日は、台風5号の接近のため、万平のお客様も少なく、そのせいなのか、刺身の盛り合わせの内容が、充実していました。

どんなに充実しているかといえば、岩ガキが入っていたからです。

岩牡蠣ひとつでも、1500円です。

この岩ガキが入って、その他、お刺身が加わって、1700円の刺身定食なら、他のお刺身は全部で200円になる勘定で、大サービスして頂いていることがわかります。

U君は、好みの握りを組み合わせにしてもらっています。

1番好きなのは、マグロです。

その他、タコと、イカと、イクラでしたが、イクラはあいにく今日は用意されていませんでした。

私の注文した刺身の盛り合わせは、岩牡蠣の他に、ハマチ、太刀魚、マグロ、イカなどがありました。

どのお刺身も新鮮で、特に岩牡蠣はとっても美味しいので、得した気持ちが募ってきます。

奥さんは握り寿司ですが、一人前を一人では食べきれないほどの少食になっています。

私と一緒に食べてちょうどいい加減くらいです。

先ほど楽器店のイシバシで、U君がピアノでエリーゼのためにを上手に弾いてくれた話をすると、つい最近、ピアノ発表会で、エリーゼのためにをみんなの前で弾いたそうです。

おじいちゃん・おばあちゃんのところに遊びに来れば、何か買ってもらえるし、美味しいものを食べさせてくれるので、U君はしょっちゅう来たいのですが、まだ一人で電車に乗って三宮に来るには、幼いようです。

台風5号の接近で、センター街に吊っていた「開国への潮流」と表示された巨大なポスターが、風に吹かれて飛ばされる危険があるので、予防の為に下ろされていました。

センター街に下りた巨大ポスターは、まるで風に乗って上って行く凧のように、大きな布地でした。

ポスターの掲示期間が終われば、あの布地を頂きたいものです。

何に使うかといえば、沖縄のお正月に、凧揚げに使いたいのです。

沖縄では、凧をあげる風習がないので、沖縄の皆さんに凧揚げを伝えたいと思います。

でも、もしあの布地で凧を作れば、相当太い綱が必要です。

凧をあげる人数も、100人ぐらいは必要です。こう思うと、ちょっと無理なことがわかります。

今日は、孫のリッキー君からも、暑中見舞いのハガキが届きました。

ひらがなで、

「しょちゅうおみまいもうしあげます。

おじいちゃんおげんきですが。またあそぼうね。

へいせい二九ねん 8がつ5にち」

と、可愛い文字で書いた暑中見舞いです。

孫達は、どんどん大きくなっています。シーソーのように、孫達が成長すれば、じいちゃん、ばあちゃん二人は、老化しています。

2017年8月7日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です