淡路市育波の金﨑農園のいちじくは、9月に入ると熟してきます。

金崎農園のいちじくは、鳥と獣に狙われています。人の窃盗にも、気を付けなければなりません。

お盆が来る前に、金﨑農園のいちじく園を訪ねてみました。

金﨑真治さんは、事前に電話をすると、いちじく農園に来てくれました。

私がブログで金﨑農園の紹介を何度かしているので、ブログを見た人からいちじくの注文が来るようになったそうです。

以前使った写真に、金﨑農園の電話番号が書いてあったので、その番号にかけてくるそうです。

金﨑農園の電話番号は、090-1595-7021です。

贈答用のいちじくは、出荷が始まったばかりです。

贈答用のいちじくとは、いちじくの季節が来る前に、実の大きさを普通の物より大きく育てて、味よりは見栄え優先のいちじくです。

イチジクの出荷の前には、イチジクのお世話が大変です。

これから、イチジクを狙って、鳥や獣が畑にやってきます。

せっかく育ったイチジクを、鳥についばまれると、商品になりません。

金﨑真治さんに、今年のいちじくの出来具合を、いちじく畑に行って、見せて貰いました。

沢山のいちじくの木に、いちじくの実が縦一列に並んでいます。

地面に近い下の方ほどいちじくの実は大きく成長しています。

この後、虫除けの殺虫の予定があるそうです。

薬は、根本にかけるので、いちじくの実にはかかりません。

大きな釜に水を入れ、農薬を入れて希釈します。

金﨑真治さんが、今日私にいちじくを選ぶために、畑を見回ってくれました。

残念ながら、まだ販売出来るようないちじくの実は見つかりません。

夏の炎天下の畑で、いちじくのお世話をしていれば、慣れない人なら熱中症になりそうです。

上から侵入する鳥に対しては、細かい目の網をかけています。

横から入ってくる獣には、微量の電流を流して、侵入を防いでいます。

それでも、わずかな隙間から鳥や獣は入ってくるそうです。

いちじく畑は、元々水田でした。

金﨑真治さんに、質問です。

水田でお米を作る農業と、乾田でいちじくを作る農業では、どちらが収益が良いのですか?

これに対して金﨑さんは、それはもう、話しにならないくらい、十倍以上は違います。

十倍とは、お米を作るより、いちじくを育てるほうが10倍以上の収益が差があるという意味です。

では、それはお米の出荷価格の差でしょうか?

違います。お米を作っていると、必要なのは農機具です。

一年に、限られた時にしか使わない農機具が、あれこれとあるのです。

例えば、田植えをする機械がそうです。

どの農家も、一軒一軒が自分で農機具を購入しています。

それが高いのです。収穫するのも、乾燥させるのも、袋に詰めるのも、機械に頼っています。

 

そうなると、農業で儲かるのは、クボタ鉄工や、井関農機のように、農機具を作る機械メーカーでしょうか?

そうとも言えないようです。農業をすると、農機具代が高いので、機械を買う人がめっきり減っているそうです。

淡路市の北淡町では、お米作りは辞めて、果樹園に転向する農家が多い理由が分かりました。

今日のイチジクの出来具合を、サンプルのいちじくを頂いて確かめてみると、まだ熟れていません。

9月になれば、イチジクは熟れてくるので、その頃また来ます。

次回来る時には、市場に出ない珍しい、黒いイチジクを食べさせてあげると、嬉しい約束をしてくれました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です