淡路市育波の葡萄園 正置農園は、お盆の前にピオーネの出荷で大忙しです。

淡路市北淡町地区は、枇杷、葡萄、いちじくの果物栽培が盛んな地域です。

淡路市の育波地区に、ぶどう園が何軒も集まっています。

場所は、北淡ICからすぐ近くです。

お盆が近づく頃には、葡萄の出荷は最盛期を迎えます。

今日訪れたぶどう園は、正置(まさき)農園です。

紹介して頂いたのは、いちじく農園の金﨑真治さんです。

正置農園は、今ピオーネの出荷の真っ最中です。

農園に伺い、葡萄畑を見せてもらいました。

葡萄畑は、ビニールハウスの中にあり、夏になるとビニールを外して、風通しを良くしています。

ぶどうにとっては、鳥が天敵です。

鳥が入って来ないように、ネットを張って予防しています。

ぶどうの一つ一つの房には、袋がけされていて、鳥がぶどうをつつけないようにしています。

袋には、窓が作られていて、袋をめくってみれば、中の葡萄の成熟具合が確認出来るようになっています。

葡萄の栽培は、枝の剪定、袋かけ、収穫と、上を向いた作業が続くので、首がしんどくなるそうです。

土地には肥料を施しています。

正置農園の広さは、一町歩と一反で、坪数で言えば、3300坪です。

元々は水田で、水田からぶどう園に転作しています。

ピオーネを毎日収穫して、箱に詰めて、贈答用の注文に対応しています。

作業場には、葡萄を買いに来るお客さんが堪えません。

紙箱を組んで化粧ケースを作る人、お客さんの注文に応じて荷造りをする人、持ち帰りのお客さんに対して精算をする人と、ご家族の皆さんが忙しそうに働いています。

味ききをする事は出来るので、ピオーネを食べてみると、甘くて美味しいので、贈答用の発送をしてもらいました。

持ち帰りのピオーネも買いました。

あまりにも忙しすぎて、正置農園の人達は、お客様に会話をして、サービスを提供する暇もないようです。

いろいろと尋ねたいことはあったのですが、仕事優先で詳しい話を聞く暇もありませんでした。

紙箱を組んで、化粧箱をどんどん作っていますが、その化粧箱は葡萄で埋まっていきます。

化粧箱に入った葡萄は、ヤマトの宅急便の担当者が取りに来て、どんどん軽トラックに積み込まれていきます。

会計係の方はお金を扱う人なので、ここの社長さんかと思っていたら、違っていました。

次から次へと注文が続くので、お金を間違えないようにと、真剣な仕事振りです。

淡路島は、苺から始まり、枇杷と続き、今は葡萄が最盛期です。

この後、お盆を過ぎると、いちじくが収穫時期を迎えます。

更に、秋が深まると、ミカンに移っていきます。

一年を通して、果物が美味しい地域です。

正置農園の近くには、沢山の葡萄農家が集まっていて、まだ他の葡萄農園にも行ってみたいと思います。

暑い暑いお天気ですが、季節は自然の中でゆっくりと進み、秋の果物にゆっくりと変わってきています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です