日清食品からスペシャルサンクスギフト2017が届きました。

日清食品の株主優待は、手厚いです。箱の中には、沢山の日清食品の製品が詰まっています。

日清食品から、今年も株主優待の日清食品製品詰め合わせセットが届きました。

以前には、社長の書いた本が入っていましたが、最近は入っていません。

段ボールを開けてみると、沢山の製品が入っていました。

沢山あるので、テーブルの上に並べてみました。

一番最初に食べたのは、チキンラーメンです。

チキンラーメンの発売は、1958年の袋麺からです。

これがカップ麺になったのは、1991年です。

元祖鶏ガラチキンラーメンには、お世話になりました。

学生の時の夜食の定番です。

学生の時の夜食は、自分で作っていました。

冷蔵庫の具材を選んで、チキンラーメンと一緒に頂くと、お腹がいっぱいになり、お腹がいっぱいになると眠たくなり、そのまま寝てしまったこともあります。

尾道ラーメンが入っていました。

尾道ラーメンの出汁は、瀬戸内海の魚です。

夜店の焼きそば一平ちゃんも懐かしいです。

これも、試験勉強の時の夜食でした。

どん兵衛は進化して、肉だしカレーになっています。

昔、海外旅行に行くときに、スーツケースの中にどん兵衛を沢山入れて、海外で食べた思い出があります。

今年目を引いたのは、錦織圭選手の写真が入ったシーフードヌードルです。

ひよこのマスコットも、テニスのユニフォームを着ています。

株主優待の目的は、長期的な安定株主になってもらうことです。

その為に、日清食品では、株数と並んで、保有期間で優待の差をつけています。

節目となるのは、株式保有期間が3年以上であることです。

3年以下と、3年以上では、同じ株数を所有していても、株主優待の中身が違います。

100株以上の何万人もの株主に、自社製品を宅配するのは、大変なことだと思います。

証券会社は、発行会社に対して、株主優待制度を勧めていますが、野村證券などは長期間保有しても、沢山保有しても、届くのはカレンダーだけです。

大和証券は、株数によって、かなりのものをプレゼントしてくれます。

株主優待に馴染んでくると、短期的に売ったり買ったりするのは、気持ちの中にブレーキがかかるのは確かです。

数ある保有銘柄の中で、日清食品の株主優待は、優れていると思います。

以前と比べ、日清食品の株価は随分と上昇して、現在3000株以上日清食品の株を購入しようとすると、株価7000円を超えているので、3000株だと2100万円かかります。

株主を大事にしたら、株価が上がったのか、株価が上がったから、株が欲しくなるのか、因果関係は微妙です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です