和真の全視界メガネは、遠近両用メガネで、神戸三宮では販売店は、我が社だけです。

和真の全視界メガネの販売は、購入していただいた方の評判で、売れています。

和真の全視界メガネの弊社担当者である宮下浩之さんが、新作フレームを持って商談に来られました。

s

宮下浩之さんのお話では、目標達成は難しいそうです。

全視界のメガネは、神戸三宮地区では、さんプラザコンタクトレンズ眼鏡店だけの独占販売になっています。

もっと知名度が上がれば、全視界のメガネは、我が社でも売れると思っています。

しかし、知名度を上げようと思えば、広告が必要です。

広告をするとなると、高齢者を対象とした遠近両用のメガネフレームは、紙媒体の広告が効果的です。

フレームを見せて頂くと、男性用と女性用のフレームがありました。

どちらも、オーソドックスな大人しいデザインです。

我が社の仕入れ担当の社員は、フレームを一つ一つ手にとって、これは仕入れるべきか、見送るべきか、入念に見ています。

メガネフレームは買い取りなので、もし売れなければ、不良在庫になってしまいます。

かなり自信がわかないと、一つ一つのメガネフレームを買い取る決断が出来ません。

私も、フレームのかけ心地を確かめてみました。

チタン製のフレームなので、軽くて、耳や鼻に重さを感じません。

使い捨てレンズが登場する前のコンタクトレンズ販売では、ハードレンズを購入された方は、ハードレンズを5年~10年、いかに長く使うかを考えていました。

あの時代では、ハードコンタクトレンズを2年くらいの適正期間に買い替える方が少なかったのです。

それと同じように、メガネフレームも5年、10年と長く使う方が多くいらっしゃいます。

もう少し早いサイクルで、メガネフレームとメガネレンズを交換するように、販売店もメーカーも勧めていますが、お客様はかけ具合によって、まだ使い続けるか、そろそろ変えるか、迷っているようです。

2017年6月19日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です