本部円錐カルスト台地に、円すいカルスト園くしまがやに咲く、ユリの花を見てきました。

本部の円錐カルスト台地周辺では、村の人が村おこしに植えた5万本のユリの花が6月初旬に咲きます。第162回沖縄訪問(3)

6月11日(日)の沖縄二日目の朝です。

気になるお天気は晴れです。とても良いお天気で快晴です。

ムーンビーチ沖は綺麗で晴れ渡っています。

今日の予定は、名護の方にあるカルスト大地に咲くにユリの花を観に行きます。

片山正喜さんは午前11時にホテルまで二人を迎えに来てくれました。

出発前に、奧さんが抹茶を点てて、片山正喜さんにおもてなしをします。

国道58号線を海沿いに沿って走っています。

名護の辺りに来ると、今日は白波がたっていて、とても綺麗な白波です。

なんだかハワイの写真ようです。

もう少し波が高かったらサーフボードで遊べそうです。

名護に来るとまずお昼はみんなが大好きな玉家Jr.の沖縄そばを食べます。

玉家ジュニアの沖縄そばは、これまで食べたどのソバよりも、お汁の味が美味しいのが気に入っています。片山正喜さんもお気に入りの店です。

片山正喜さんは中サイズ、私と奧さんは小サイズです。

麺は細麺で、豚肉はソーキと、三枚肉のミックスで、一枚ずつ入っています。

片山正喜さんは蓬をそばに入れます。私もついて入れます。

壁のポスターをみると、『お笑い米軍基地13』とかいています。

米軍基地でお笑い大会があるそうです。

奧さんは、玉家の人にスープが麺の割りには少ないので、おかわりをもらいにいきました。

お金を払うから追加をしてくださいというと、「そんなのいいですよ」と、笑顔でお汁だけのおかわりに応じてくれました。

おかわりをしたいほどの美味しいスープなんです。

本部円錐カルスト台地に行く途中、仲宗根商店の前を通ったので、ちょっと挨拶です。

今年もこの仲宗根商店でマンゴーを頼むつもりなので、顔見せをしておきます。

お店の中ににいるはずの仲宗根さんは、ドアをしめて、外に出ているようで不在でした。

会うことはできませんでした。

山道に入って、細い細い道を進むと、本部円錐カルスト台地に入って来ました。

石灰石のとがった岩肌で、この辺りから少しずつユリが見えるようになりました。

百合の花はあちらこちらと咲いていましたが、少し盛りを過ぎたようで、しぼみかけのユリも多くありました。

ここでは村をあげての村おこしで、ユリの花を5万本植えているそうです。

どのあたりにあるのか車でぐるぐるまわってみると、円錐カルスト園くしまがやという看板を見つけました。こちらに行ってみます。

ここは私有地になっているのは入場料がいります。

大人400円です。

400円払うほどの見応えがあるのか中に入ってみます。

ユリは沢山咲いていました。

車を置いて坂を上がると、上との方にゲートがあって、そこでお金を徴収するようですが、そこからは昔の古い古い演歌を拡声器で流しています。聞こえてくる曲は今は勘太郎月夜唄の曲です。

こんな曲みなさん知っているでしょうか?

カルスト台地を回るのは、山道なのでしんどいし、ユリもしぼんでいるのでやめようということになりました。

入り口までいってUターンです。

ここで、ユリをバックに記念写真です。神戸の家族に写真を送ります。

車をとめて途中で撮った写真がこちらです。雄大な景色です。

これが本部カルスト台地を遠くから見た写真です。山の頂点は、三角形の形をしています。

とても綺麗で向こうの方には海が見えます。山を下りて、本部の町に出ました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です