兵庫県立公園(淡路市楠本)の藤棚には、藤の花が満開に咲いています。

兵庫県立公園の藤棚は、周りに人が集まって、日よけ用の簡易テントの中から、藤の花を見物していました。

5月になると、街にも、野辺にも、山にも花が咲き始め、周囲が花に囲まれる季節になって来ます。

ゴールデンウィークが過ぎると、気になり始めるのは藤の花です。

淡路島の岩屋で藤棚があるのは、県立公園です。

そこで、奧さんと二人で県立公園に藤の花を見に行ってきました。

県立公園の芝生は、新しい芽を出して、緑の絨毯のように丘が芝生で埋め尽くされています。

今日は日曜日なので、家族連れの方がたくさん県立公園に遊びに来ています。

特に幼い子どもを連れた若いお父さん、お母さんの姿が目立ちます。

子どもの喜ぶ顔を見ると、そのお父さん、お母さんも嬉しそうです。

駐車場からかなり歩いて、芝生を横切って、やっと藤棚のところにやってきました。

藤の花が満開のように咲いています。

藤の花には、蜂が沢山群れています。

藤の花が咲いている位置は、頭上よりかなり高いので、蜂に刺される心配はありません。

日本舞踊を踊るときに、藤の花を模った髪飾りを、頭につけることがあります。

若い女性を飾るには、藤の花はピッタリのようです。

子ども達の人気のある遊戯施設は、長い滑り台と、トランポリンのように飛び跳ねが出来る、ゴムを敷き詰めたような丘と、浅い水が流れる水たまりです。

藤の花は、ぶどうの房のように、クラスターになって咲いています。

花の匂いを嗅いでみたいと思ってみても、頭上ははるか上で、藤の花に私の鼻を近づけることはできません。

藤棚の周りには、芝生に簡易テントを張って、日焼けを防ぎながら、テントの中から藤棚を見ている家族連れが多くいます。

藤棚の周りには自動販売機が設置してあり、自動販売機の前には行列が出来ています。

ちょうど自動販売機の飲料水を補充するために、トラックがやってきました。

自動販売機の扉を開けると、どの自動販売機も空になるほど飲料水は売れています。

あの自動販売機のキャッシュボックスには、きっと百円玉や千円札でいっぱいになっていると思います。

一年の内、自動販売機が活躍してくれるのはこのときでしょうか?

2017年5月5日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です