朝ご飯がパンと珈琲だけなんて、絶対嫌です。美味しいご飯と和食が好きです。

部員100名の野球部の朝ご飯、相撲取り40人の相撲部屋の朝ご飯、男子ばかりの職場で作る朝ご飯、どれも食べてみたいものです。

テレビ番組で、日本の朝ご飯という内容で、テレビ放映がありました。

取材があったのは、職場でのまかないです。

男子社員ばっかりの職場で、自分達の朝食を男子社員が作っていたのには驚きました。

大学の野球部合宿所での、部員の朝ご飯の紹介もありました。

野球部100人分の朝食を、わずか一人で作っているのには驚きました。

我が家の朝食です。

奧さんは私一人だけだと、用意する品数は少なくて良いのですが、今朝はU君達家族の4人が加わった朝食です。

こうなると、幼児にも大人にも受ける朝食が必要になってきます。

昨日のバーベキューで、炭火で焼いた鯛が、今朝のメインディッシュです。

焼き飯を作ろうと思っていたご飯は、焼きそばで皆さんお腹いっぱいになったので、焼きおにぎりにして、保存しておきました。

四国のなると金時も、デザートして朝食に使います。

なると金時は、炭火で焼いたので、芯まで焼けて美味しい焼きいもになりました。

U君もMちゃんも、ご飯よりは焼きいもや、焼きとうもろこしのようなデザート系に手が伸びています。

日本の朝食の中に、相撲部屋の朝食もありました。

相撲取りは、朝早くから相撲の稽古をして、朝食を頂くのはかなり遅い時間でした。

相撲部屋での料理の事を、総称してちゃんこと言うそうですが、ちゃんこには、ちゃんこ鍋だけでなくて、ハンバーグとか、カレーライスとか、ピザのようなメニューも、ちゃんこだそうです。

今朝の我が家の朝ご飯は、こんな料理を毎日毎朝続けていたら、奧さんが作るのに疲れて、倒れそうなるほど、沢山の品数でした。

U君がもう少し成長して中学生くらいになってくると、食べ盛りになって来るので、ご飯を炊く量も、今の量では足りなくなると思います。

みんなが共通して好きなのは、ナメコの味噌汁でした。

ナメコの味噌汁は薄味でしたが、誰からも味が薄すぎるというクレームは出ません。

予想外だったのは、メインディッシュの天然鯛の炭火焼きが、ほとんど残ったことです。

少しだけ箸を入れているのは、頭の目の周りの眼肉の部分だけでした。

鯛は、いろいろ使いようがあるので、余った鯛で鯛茶漬けをするか、鯛飯を作るか、甘辛くもう一度煮直すか、私の頭の中にでも、鯛の活用方法は浮かんできます。

2017年5月5日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です