観光農園屋嘉ファームは、ハイビスカス園です。代表者は具志堅隆さんです。

屋嘉ファームのハイビスカスは、野外で自然な状態で育てられた、大輪のハイビスカスが咲いています。第161回沖縄訪問(10)

うちの家族は、パッションフルーツが大好きです。

パッションフルーツをスプーンですくって直接食べる方法と、パッションフルーツゼリーの方法と、両方がうちの家では大人気です。

そこでこの夏は、神戸でもパッションフルーツを植えて、自家製のパッションフルーツを収穫しようと考えています。

そのため、沖縄でパッションフルーツの苗を入手して帰るつもりです。

片山正喜さんが11時頃にホテルに誘いに来てくれて、まず最初におんなの駅に行って、パッションフルーツの果実を探します。

パッションフルーツは、今、出荷の最盛期で、値段もかなり下がっています。

恩納村は地元の名産をいろいろ作っていますが、その中でも海ブドウと並んでパッションフルーツの栽培が盛んです。

贈答用の綺麗なパッションだと、1箱2,000円程度します。

贈答用ではないビニール袋に入っているものだと、農家によって違いますが1㎏1,000円以下になっています。

今日も、おんなの駅は観光客で大賑わいです。

たくさん、パッションフルーツの果実を購入できたので、神戸で待っているみんなには、お土産ができました。

次に行く所は、屋嘉のハイビスカス園です。

正式な名称は観光農園屋嘉ファームです。

代表者は具志堅隆さんです。

かなり山の中にあって、なかなか見つけにくい場所でした。

屋嘉ファームに入るとすぐに、代表者の具志堅隆さんからあいさつがありました。

敷地の中に小屋を建てて、ここに常駐しているそうです。

なぜなのか?理由を聞いてわかりました。

ハイビスカスを盗みに来る人がいるそうです。

ここには、250種類ぐらいのハイビスカスが露地栽培されて、苗木も売っています。

こちらのハイビスカスは、神戸では見られない、大きなサイズの花です。

沖縄の人と内地の人では、売ってもらえる数が制限が違うようです。

観光客用は、3鉢までです。
3つ選んで、持って帰ることにしました。
小さな鉢なので、送ることができます。

ここは、開店して7年だそうですが、オーナーの具志堅さんは、ここで寝泊まりをするほど、ハイビスカスに夢中な方です。

泥棒も入るそうなので、厳重な警戒をして、泥棒対策をしているようです。

伊江島には、ハイビスカス園がありますが、伊江島のハイビスカス園は建物の中で管理されて育っています。

これに対して、屋嘉ファームのハイビスカス園は、野外で自然の状態で育てています。

敷地の広さは2,500坪だそうです。具志堅隆さんに選んでもらって、ハイビスカスの苗を3鉢購入しました。

まだ接ぎ木をして日が浅い苗木なので、神戸に送るには問題ありませんが、神戸で育つかどうかは問題がありそうです。

次は、読谷(よみたん)にいきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です