金城正則さんの家族とは、次世代まで孫の代まで仲良く交際したいものです。

大宜味村喜如嘉のオクラレルカの花は、金城千賀子さんに差し上げ、金城家の家を飾ります。 第161回沖縄訪問(7)

大宜味村から前兼久に戻ってくると、もう夕方です。

ホテルの部屋に片山正喜さんを招いて、神戸から持参しているお土産物を渡しました。

片山正喜さんは甘党なので、喜んで貰えるのは、チョコレート、まんじゅう、ケーキ、和菓子等です。

夕方7時から金城家の皆さんと夕食会です。

今日は金城正則さんの長男、金城正人さんも一緒で、家族4人一緒に来ているので6人です。

まずはビールで乾杯です。そして泡盛に続きます。

「今日はどこに行ったのですか?」と尋ねられて、

「大宜味村のオクラレルカの花を見てきました。」と話すと、

「それはなんですか?」と尋ねられ、

「オクラレルカとは、アヤメのような、水田に咲く花です。」と、説明している内に、どちらが沖縄の人で、どちらが観光客なのか、分からないくらい詳しいですねと、笑い話になりました。

金城正人さんは以前に私からのアドバイスとして、体重をもっと減らすように話しました。

そうすると、彼は本気で体重減量に取り組んで、あの時より10kgも減量できたそうです。

金城正則さんのところと、松葉博雄のところでは、子ども達の年代構成が近く、子ども達を育てた頃の話しをすると共通点が多くて、一つ一つの話しに共感してしまいます。

沢山の料理を注文して、みんなでわいわいがやがや頂く食事はとても美味しかったです。

正人くんの今の仕事は、仕事量がたくさんあって順調なようです。

食事が終わった後、ホテルの部屋に来てもらって、コーヒーを一緒に飲みました。

子ども達二人は、見知らぬ部屋に入ると、何か遊ぶものはないかとすぐに探し始めます。

部屋の隅にあった、Uくんやリッキー君が使っていたおもちゃを見つけて、早速二人でおもちゃの取り合いをしています。

今日、大宜味村(おおぎみそん)喜如嘉(きじょか)で、沢山のオクラレルカを採取してきたので、金城千賀子さんにオクラレルカの花を全部差し上げる事にしました。

オクラレルカの花は、花もちが短くて、4~5日で花はしぼむそうですが、蕾もまだあるので、しばらくは金城家の部屋を飾れそうです。

しばらくお話をして今夜はこれで終わりです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です