小泉進次郎自民党農業部会長が、Kファームに視察に来られたそうです。

淡路市の市長選挙は、現職の門康彦さんと、戸田ゆうじさんの戦いです。

孫のU君の将棋のお相手をしています。

U君は小学校で友達から将棋を習って、コマの並べ方や動かし方を覚えたばかりで、今は将棋がとても面白いようです。

将棋を覚えると頭が良くなるのではないかと考え、随分前に息子に将棋を教え、更に将棋の教室に連れて行った事があります。

そのお陰か、息子は頭の働きが良くなったように思います。

将棋が終わったら、ホームセンターに行って園芸用品を買います。

その近くに(株)K.ファームがあったので、K.ファームに寄って新玉ねぎを買いました。

Kファームでは、兵庫県知事から玉ねぎのコンクールで金賞を受賞しています。

以前にK.ファームを訪れた時、その記事を私のブログで紹介すると、Kファームの担当者は、その記事を読んでいて、今回記事の御礼を言われました。

記事を読んで、何人かのお客様もKファームに玉ねぎを買いに来られたそうです。

Kファームでは、遠くからでもKファームの場所が分かるように、鯉のぼりを立てたそうです。

確かに、鯉のぼりは目立ちました。

高速道路の東浦の出口からは近いので、この鯉のぼりを見ると、Kファームはすぐに見つかります。

ふと壁を見ると、小泉進次郎議員が、このKファームに訪れている写真がありました。

いつのことですかと尋ねると、今年2017年3月20日の事だそうです。

突然、小泉進次郎さんがお店にやってきて、玉ねぎ畑を見せて下さいと言われて、玉ねぎ畑を案内すると、小泉進次郎さんは、自分で玉ねぎを掘り出して、立派な玉ねぎですねと言われたそうです。

では、どうして自民党の小泉進次郎氏が、Kファームに訪れたのでしょうか?

小泉進次郎氏は、自民党の農林部会長を務めているので、著名な農家を訪問し、激励しているようです。

その印象はとても爽やかで、偉そうぶらず、好感のもてる国会議員だったそうです。

淡路市では、4月23日に淡路市市長選挙が行われます。

立候補をしているのは、現職の門康彦氏と、戸田ゆうじ氏です。

ホームセンターで買い物をした後は、アルミ温室で沖縄から持ち帰ったブーゲンビリア、ハイビスカス、パッションフルーツの苗の移し替えです。

厳しい冬が終わり、アルミ温室では、茂っていた沖縄の植物は葉っぱが落ちて、枯れているのやら、これから新芽が出て、生きているのやら、判断しかねる様態です。

アルミ温室の中では、ビニールを張って二重保温にしています。

それでも、淡路の冬の温室での最低気温は、2度まで下がっています。

これでは、寒さに弱い沖縄の植物は、枯れてもおかしくはありません。

最高気温は、32度まで上がっています。

温室の中では、最低と最高の温度差が30度もあったようです。

沖縄から持ち帰ったハイビスカスは、神戸では見た事のないような、大輪の花が咲きます。

まだ幼い苗なので、花が咲く予想は、今年の10月頃です。

花が咲いたら、社長研究室で紹介します。

2017年4月16日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です