大宜味村喜如嘉の喜如嘉ターブク(田んぼ)には、アヤメの様なオクラレルカが一面に育っています。

大宜味村喜如嘉(おおぎみそん きじょか)のオクラレルカは、3月下旬から4月の下旬にかけて、アヤメのような花がいっぱい咲きます。とても綺麗で、新しい花見の名所になっています。 第161回沖縄訪問(5)

次の目的地は、片山正喜さんがテレビで見たことがある、あやめの咲いている場所です。

場所は大宜味村喜如嘉(おおぎみそん きじょか)地区です。

水田を利用したアヤメの畑です。

来てみると、アヤメの背丈に驚きます。大人の背丈ほどある高さです。

しかし、この辺りでは、アヤメとは言わなくて、その名も「オクラレルカ」です。

オクラレルカの花言葉は、良い知らせです。

アヤメ、カキツバタ、ショウブ、イチハツなど、同じような花でも、どの場所に咲くかで植物の名前が変わってきます。

オクラレルカは、水田を利用した場所なので、水中に育つ種類になります。

この辺りは、元々は畳表に使うイグサを栽培していたそうです。

それが、中国などの外国からの安値攻勢に負けて、喜如嘉地区ではイグサ作りをやめて、しばらく水田は放置されていたそうですが、頭の良い人が考えて、この水田利用を、生け花用に使うオクラレルカの水田に変えていったそうです。

オクラレルカの今年の見頃は4月上旬~中旬頃で、今が最盛期です。

アヤメとの大きな違いは、アヤメは日本古来の品種に対し、オクラレルカは地中海原産ということです。

水田の側に入ってみると、今は水がやや少なくなっています。

田んぼに機械を入れる為に、水田を乾田にしているようです。

乾田にはぎっしりとオクラレルカの株が茂っていて、この株から一本一本、オクラレルカの花が咲けば、それは評判にもなります。

言うなれば、下町にとびっきり上等の美人が育っていれば、付近から、遠くからでも男連中が美人を一目見ようと集まってくるようなものです。

しかしこの美人、オクラレルカは、花の命が短くて、一輪の花は、わずか4~5日で枯れてしまうようです。

オクラレルカを見ていて、思い出すのは、三田にある永沢寺です。

永沢寺のしょうぶ園は有料ですが、喜如嘉のオクラレルカの水田は、無料です。

この辺り一面がオクラレルカの栽培で、それはそれは見事です。

オクラレルカは、5本一束100円で切り花も売られていました。

今年はちょっと咲き方が遅いようで、これをどうするのかと聞いてみると、一年中この生け花用に葉っぱを出荷しているそうです。

本来オクラレルカは、葉の部分だけを生け花用として出荷され、花を咲かせる事はないそうです。

しかし、大宜味喜如嘉では、15年前から地元農家の好意で花を咲かせ、このオクラレルカ畑が出来たそうです。

沖縄の花といえばハイビスカスやブーゲンビリアなどが有名ですが、オクラレルカの花も徐々に名前が浸透してきています。

今では、オクラレルカの花見に、沖縄本島から沢山の人が集まってきているようです。

水田があれば、水田に住み着く小動物が自分達の住みやすい環境に適応していきます。

代表的なのは、カエルです。

カエルが増えると、それを餌とする渡り鳥がやってきて、鳥の楽園が育っているようです。

代表的な渡り鳥は、リュウキュウツバメ、リュウキュウヨシゴイ、カワセミ、セッカ、チョウサギ、バンなどです。

鳥が集まると、鳥を目当てに鳥好きの人が集まり、バードウォッチングが始まります。

こうして、何人かの人が考えた、イグサのかわりにオクラルカの栽培が、新しい観光名所に育ってきています。

2017年4月10日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です