神戸のシーズー犬りんりん 「地球の歩き方」の入ったスーツケースに入る

神戸のシーズー犬りんりんの訴え「出かけるときに忘れずに」その1

家族の一員のように、思っていると言ってくれていても、勝手なのは人間で、いつも都合のいいときには留守番ばかり、待つ身にもなってみて、考えてみて、どれだけ寂しいか。そんな気持ちのある日、大きな鞄が開いていました。そこで・・・・。

旅行用のスーツケースが開いているときに、誰もいないときに、りんりんがスーツケースの中に入って、ぼくも連れて行って欲しいと言っているようです。

このスーツケースを持って、ボクの大好きな人がどこかに行ってしまいそうで、ボクもいっしょに行きたいと、誰も見ていないので、スーツケースの中に入ってみました。

 

スーツケースの中は、思ったより広く、ボクが入ってもまだ隙間があって、これならボクの寝床もできそう・・・