神戸三宮センター街のおすしの万平に通って45年

三宮のお寿司の万平には、亡くなった母の時代から通っています。万平のお弁当を持ち帰る事もあります。

神戸三宮のセンター街に、すしの万平のお店があります。

万平には、私の母の時代から、時々食事に通っています。

もう40年以上も利用していると、お店の人にも顔馴染みになりました。

お店で食べる時は、中2階の座敷か、1階のテーブル席に座ります。

急いでいるときや、お家や会社で頂く時は、電話で注文をして、万平のお弁当を用意して貰います。

万平のお弁当は二段重で、ご飯の入ったお弁当箱と、おかずの入ったお弁当箱の二つがあります。

おかずの中で、年中変わらないのは、ネギのぬた、昆布巻、卵焼き、高野豆腐の煮染め、かまぼこ、里芋の煮物などです。

時々変わるのは、お刺身の魚の種類です。

お寿司の万平に通う方は、三つ輪にも重なって通われている方が多いようです。

万平と三つ輪のファンは、比較的高齢者が多く、同じメンバーとよく顔を合わせる事があります。

万平の弁当は、若い人にはやや物足りないかもしれません。

お肉が入る事はまずないからです。

万平でもう一つの名物は、うなぎです。鰻重のお弁当もあります。

これも私が好きなお弁当の一つです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です