淡路島岩屋のブリングで、モーニングコーヒーと、お寿司を頂きました。

淡路島のフローラルアイランドには、新玉ねぎ、菜の花、新ワカメなどの春の食材が並んでます。

淡路島の岩屋の春を求めて、奧さんと朝からドライブです。

奧さんは、喫茶店のBringでモーニングコーヒーを頂きたいという希望です。

自慢ではありませんが、私は喫茶店でモーニングコーヒーを頂いた事が一度もありません。

モーニングコーヒーを希望する人と、モーニングコーヒーを希望しない人がいれば、普通なら強い方の意見に従う事になります。

私は奧さんの意見を聞き入れて、モーニングコーヒーに付き合う事にしました。

その代わり、喫茶店ブリングでは、モーニングコーヒーは注文しません。

モーニングコーヒーの代わりに、喫茶店の前で販売している持ち帰り用のお寿司を買って、それをお店の中で頂く事にしました。

ブリングのママさんはとても優しい方で、私がモーニングコーヒーを注文しないで、店頭で買ったお寿司をお店で頂く事を快く受け入れてくれました。

そして、お茶や取り皿まで用意してくれ、モーニングコーヒーを注文しないので、居心地の悪い私に、随分と気を使ってくれました。

奧さんのモーニングコーヒーは、A・B・Cランクの中で、最上級のモーニングコーヒーです。

珈琲は当然ですが、トースト、ゆで卵、サラダ、バナナと、朝食として十分なメニューです。

私はコーヒーを注文しないにもかかわらず、奧さんからバナナを頂いてしまいました。

ブリングのママさんに、お店の宣伝をしておきますねとお話しすると、にっこり笑って、宜しくお願いします。と言われました。

ここの旦那さんは、岩屋から大阪まで、毎日会社に通っているそうです。

ブリングでモーニングコーヒーとお寿司の朝食を頂いた後は、3月の新玉ねぎをフローラルアイランドに買いに行きます。

新玉ねぎは、玉ねぎとしては早生の玉ねぎで、生もののように傷みやすく、賞味期間は短く、買ったらすぐに食べた方が良い玉ねぎです。

新玉ねぎは、普段食べていない、葉っぱの部分も食べることができます。

しかも、美味しいのです。

フローラルアイランドの展示品を見ていると、菜の花がありました。

これはお店の飾りにはいいなぁと思って、3束買って帰りました。

買ってから心配になってきたのは、花束を買って帰っても、社員の皆さんは、この花束を上手く生けてくれるかどうかの心配です。

花瓶に水を張り、菜の花の茎を切って、花瓶に上手く生けれるかどうか心配になってきました。

春を告げる生わかめも売られています。

新ワカメは、柔らかくて、お味噌汁に入れると、柔らかいつるっとした味わいがのどごしに伝わって来ます。

茎は細かく刻んで、椎茸と合わせて茎の甘炊きにすると美味しいのです。

フローラルアイランドでもう一つお気に入りの食材があります。

それは、持ち帰り用の巻き寿司「元気巻」です。

今日は、既に喫茶店のブリングで持ち帰り用のお寿司を買っているので、元気巻は見送りです。

奧さんは新玉ねぎの他に、野菜類を買って、食材の買い出しは終了です。

周りを見ると、退職後と思われるご夫婦の方が多いようです。

男性が食材の買い物について行くようになるのは、ある程度年齢を重ねて、退職後に奧さんのお供をするようになってからでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です