播磨灘のイカナゴ漁は、不漁です。値段は、昨年の3倍です。

2017年春のイカナゴの小売価格は、1kgで3000円を超えています。主婦のみなさんはため息交じりです。

水揚げされたイカナゴは、スーパーマーケットに並ぶはずです。

そこで、岩屋漁港でイカナゴの水揚げを見た後、東浦にあるマルナカに寄ってみました。

マルナカの鮮魚売り場には、1kg単位に小分けされたイカナゴが、ショーケースに並んでいました。

値段を見てみると、1kgで3002円です。

これまでイカナゴを使って釘煮を作ったときは、一袋が500gで、500円くらいでした。

そうすると、値段が3倍にもなったように感じます。

もう一軒、スーパーマーケットのキンキに行ってみました。

ここでも、同じように1kg単位で3000円程度です。

去年までは、イカナゴはお店に並ぶと、待っていた主婦の皆さんがすぐに買い物かごに入れて、あっという間に売り切れでしたが、

今年は値段が高い為か、覗いて見る人は沢山いても、売り切れにはなっていません。

釘炊きがすぐに出来る様に、イカナゴの売り場の隣には、釘炊きに必要な砂糖と、醤油が用意されて居ます。

イカナゴの釘煮をするときは、決して混ぜ返してはいけません。

手を入れないで、砂糖と醤油で甘辛炊きにしていきます。

主婦の皆さんは、高いね、高いねと、ため息のように高いねを連発して、イカナゴには手が出ていません。

見て、そのまま帰る方もいました。

イカナゴの釘煮は、自分の家で食べるだけでなく、親しい方に差し上げる方が多く、一人で10kgも買う人がいましたが、今年は自家用だけになりそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です