ライフサイエンス事業部の野村直樹部長と、山内康裕さんの表敬訪問がありました。

メニコンのライフサイエンス事業部は、 生殖補助医療、先端医療関連製品の企画、研究・開発、販売部門です。

社長が一歩退いていても、会社は回ります。

毎月月末になれば、支払日になり、取引先のみなさんは集金に来られます。

その時に、担当者の方に同行して、他の部門の方も、新製品の紹介などで来られます。

2月27日の支払日には、メニコンさんから、通常の集金の方と一緒に、ライフサイエンス事業部の部長 野村直樹さんと山内康裕さんが同行してこられました。

普段、わが社の担当をしていただいているのは、安部優部長と、菊川紀幸課長、川島智係長です。

ライフサイエンス事業部の野村直樹部長と、山内康裕さんのご用件は、コンタクトレンズとは違った部門のサプリメントの紹介です。

眼を酷使している人にぴったりサプリメントの『ラフェリアイ』です。

メニコンにとってみると、事業拡大の一環です。

当店ではまだ取り扱っていませんが、ネットやメニコンの直営店では既に販売されています。

眼科にも関わる新製品なので、私達には、その効果や原材料に関する資料を理解した上で、お客様への説明責任があります。

メルスプランができる前には、メニコン社は、いくつかの新規事業部門があり、多くの研究開発費を使っていました。

特に研究開発費がかかるのは、バイオ部門です。

バイオ部門の新製品は、当たれば大きい成果が出ますが、それまでの製品開発期間と、開発費用が莫大になり、ひょっとすると本業を脅かすほどの出費がかかることもあります。

私たち販売店にとっても、メニコンさんが新製品を出して、事業が広がることは歓迎するべき事です。

お互いにうまくいきますようにと、新製品の誕生に期待します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です