ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーの海老原育子社長の表敬訪問がありました。

J&Jの海老原育子社長は、大学院を二つ修了した、知性派の社長です。しかし、お堅いよりは、柔らかさを感じました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニー代表取締役社長の海老原育子社長が、本社より神戸に表敬訪問に来られました。

海老原郁子社長は、前任のデイビッド・R・スミス前社長から、社長を交代して、まだ間がありません。

これから全国の取引先のなかで、順次企業訪問をされることと思います。

部屋に入られると、まずは初対面なので名刺の交換です。

朝7時半に東京駅を出発して、新神戸駅に到着したのは、3時間後です。

ずいぶんお疲れになったことと思い、遠くからわざわざお越しいただきありがとうございましたとお礼を述べ、次に同行されている菅野伸宏主任とも名刺の交換をしました。

本日、2017年3月3日は、ひなまつりの日でもあります。

ひな祭りの日に、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーの社長がいらっしゃるので、応接室にもお雛様を飾りました。

そしてそのそばには、桃の花を生けています。

わざわざ東京から来られているので、着席されるとまずは神戸の薫り高いにしむら珈琲を飲んでいただきます。

そして、アンテノールのひなまつりらしいケーキを召し上がっていただきました。

数ある取引先の中で、どうしてわが社を訪問先に選んでいただいたのでしょうかと海老原社長にお訊ねすると、二つの理由を言われました。

一つは、わが社がジョンソン・エンド・ジョンソンにとって古くからの取引先であることと、

もう一つは、わが社を担当している山口竜一さんが、ぜひ神戸のさんプラザコンタクトレンズを訪問してほしいと、強く要望していたからだそうです。

海老原社長の経歴を拝見すると、とても高学歴で、日本の東京大学大学院理学系研究科修士課程修了と、ミネソタ大学にてMBAを取得されているので、お堅いイメージをもっていました。

しかし、お会いして直接お話をしてみるとそんな事はなく、物腰の柔らかい方で安心しました。

わが社にとって、ジョンソン・エンド・ジョンソンの社長が来られるのは、緊張します。

わが社に最初に来られたジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーのジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーの社長は大瀧守彦さんでした。

企業組織文化の研修をしているときだったので、大滝守彦さんに、ジョンソンエンドジョンソンのクレドについて、いろいろ質問した思い出があります。

二代目は、デイビッド・R・スミスさんで、スミスさんは、愛称がデイブです。

デイブさんはわが社に5回来られました。

デイブさんとの思い出は、マーケテイングや、経営戦略のお話をした思い出があります。

2017年3月3日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です