阪急岡本商店街を懐かしく歩いていました。

岡本にある、安政堂、フロイン堂に寄ってみました。

19995年1月の阪神淡路大震災が起きた当時、私の家族は岡本に住んでいました。

その後、岡本を離れて、もう14年になります。

岡本商店街は、以前、毎日のように通っていた通勤路です。

懐かしくて、阪急岡本の近くの商店街を歩いてみました。

最初に目についたのは、安政堂です。

この店には、鶯もち、栗饅頭、ロールケーキなどの甘いものが、店頭を飾っています。

足を止めて中に入ってみると、子供のころ食べていたポンポン菓子が袋に入っていました。

これは懐かしいので買います。

3月3日のひな祭りを前に、安政堂の店内は、お雛祭りに飾るようなお菓子がたくさん並んでいます。

昔なかった鳥貴族のお店がありました。

ここにはまだ入ったことがありません。

次は、フロイン堂です。

フロイン堂のパンは、うちの奥さんの大好物です。

以前は、窯を使ってパンを焼いているといわれましたが、今はどうでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です