アルミ温室の最低気温は、1月下旬から2月上旬では、1℃まで下がっています。最高気温は29℃です。

沖縄の亜熱帯植物は、アルミ温室の中でも、寒さにもだえ苦しんでいます。葉っぱは黄色くなり、一部は黒く枯れてしまっています。

一年の内で最も寒いのは、1月から2月です。

沖縄の亜熱帯植物は、アルミ温室の中で無事に越冬できているでしょうか?

アルミ温室の最近の最低温度は1℃で、最高温度は29℃でした。

全国各地で日本海側に大雪が降ったころ、アルミ温室の最低気温はマイナスにはなっていませんでした。

寒さに弱いのは、ヘゴヤシです。

ヘゴヤシの葉は、寒さのため一部が黒くなって枯れていました。

葉の色も、黄ばんでいます。

アケボノカズラの葉も、黄色くなって一部では葉が落ちてしまっています。

パパイヤの実は、枝についたまま頑張ってくれていますが、成長はしていません。

パパイヤの葉も黄色くなっています。

寒い日が続いても、日中の太陽が照り付けると、アルミ温室の中は、29℃まで上昇しています。

これでは、亜熱帯植物は、気温調節に相当なエネルギーを使いそうです。

初めての越冬なので、どれだけ寒さに耐えれるのか、2月の下旬までが勝負です。

最低気温は、5℃くらいにまで上昇すれば、なんとか持ちこたえれそうですが、

1℃を下回ってマイナスになると、たぶん枯れてしまいそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です