バレンタインプレゼント もらえないと寂しくて、もらうと3倍返しが待っています。

バレンタインプレゼントは、チョコレートから始まって、他のモノに広がっています。

毎年、2月14日のバレンタインデーには、女性スタッフの皆さんからプレゼントを頂いています。

今年は、世代交代のために、会社には以前のようには出社していないので、バレンタインのプレゼントは見送りと思っていました。

ところが、バレンタインの前日に、プレゼントが届きました。

松葉博雄がチョコが苦手なのを知っているので、皆さん定番のチョコレートでないものを選んでくれています。

まずは、蜂蜜のセットです。

ニュージーランド産のマヌカ蜜、菜の花のクローバー蜜、百花蜜の3つが入っていました。

いずれも高級そうな蜂蜜です。

次に、えびせんべいです。

製造しているのは、名古屋市の桂新堂です。

リボンの紐をほどいて中を開けてみると、中からは、10枚の袋に入ったエビせんべいがありました。

せんべいの一枚一枚には、バレンタインらしく、ハートになっていたり、模様が入っていたり、いつもありがとうございますと書かれてあるのもありました。

日本経済新聞には、バレンタインにちなんで、チョコレートが体にいいという記事が書かれています。

チョコレートの原料であるカカオには、血圧低下や認知症予防が期待できるそうです。

カカオといえば、アフリカのコンゴが有名です。コンゴはベルギー領の植民地となっています。

以前に娘夫婦がドイツに留学していた時、ベルギーにも車で案内してもらったことを思い出します。

その時は、たくさんのチョコレート屋さんを訪れました。

確かにベルギーといえば、ダイアモンドとチョコレートです。

どちらもコンゴで産出するものです。

日本のバレンタインデーをしかけたのはチョコレート業界ですが、

最近では、バレンタインのプレゼントはチョコレートだけに限らず、いろいろ横に広がっています。

今日頂いたハートえびせんべいもそうですが、横に広がっているそうです。

しかし、気軽にプレゼントするには予算も気にしなくてはいけません。

若い女性が気軽にプレゼントできるのは1000円くらいですが、

高級なチョコレートはとても1000円ではちょっとの量しか買えません。

そこで、他の商品に広がっていくのは無理のないことです。

女性にとってもあげるだけでは、収支が合いません。

やはり期待するのは、あげた方からの3倍返しがホワイトデーに期待できるからです。

2017年2月13日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です