節分の日には、恵方巻を社員の皆さんにお配りしています。

2月3日節分の日の昼食に、恵方巻きを皆さんで頂きます。

節分の日に、社員の皆さんに恵方巻きを用意しました。

今年も、予め、さんプラザ地下一階の「一寸法師」さんに太巻きを予約して、当日のお昼前にはスタッフ全員分出来上がっているように注文しています。

これだけ大量の巻き寿司を作るのも大変です。

毎年快く引き受けて下さっている一寸法師さんに感謝です。

太巻きはお昼休みに頂きます。

一寸法師さんのサービスで、

鬼のお面と福豆を入れてくれていました。

恵方巻は今となっては全国に浸透していますが、巻き寿司自体が大阪寿司の一つと言われ、元々は大阪の風習だったようです。

それが今となっては全国に浸透して、コンビニでも巻き寿司の予約が事前にできるようになって、忙しくて帰って作る暇がない家庭でも、節分の日に巻き寿司を頂く事が出来て、とても便利な時代になっています。

それでも、やはりこの一寸法師の太巻きが良いのです。

太巻きを持ってみると、毎年食べているはずなのに、重量感に驚きます。

2017年の恵方は北北西です。

食べ方は、縁起物なので縁を切らないようにカットはせず、このまま丸かぶりです。

ですが一寸法師さんの太巻きはかなり太いので、丸かぶりの際は、こぼれないよう注意しながら慎重に食べていきます。

玉子、いか、穴子、きゅうり、しいたけ、高野豆腐など、具だくさんです。

これだけ入っているのですから、なかなか巡り会う事のない立派な太巻きです。

毎年2月3日の節分の日には、社員の皆さんに、巻き寿司を用意して、丸かじりをして、福をいただくようにしています。

今年も立派な太巻きを美味しく頂きました。ご馳走様でした。

2017年2月3日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です