「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」という和歌とそっくりな光景です。

奥さんは、雪の降りそうな寒い日に、まだ小さい春菊の若菜を摘んで、私のお味噌汁に入れようとしています。

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む   我が衣手に 雪は降りつつ」

百人一首に出てくる、光孝天皇が詠んだ古今集の和歌です。

これを連想させるような光景がありました。

雪の降りそうな寒い日のことです。

11月にまいた春菊の芽が出て、奥さんがまだ小さい春菊の芽を摘みに、寒い中を私のために取りに行ってくれました。

寒い中でわずかに伸びた春菊は、お味噌汁の具材に使えるくらいのまだ小さな茎と葉でした。

それを選びながら、若菜を摘んでいる姿をみると、

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む  我が衣手に 雪は降りつつ」

を連想してしまいました。

もし、この日に雪でも降っていれば、もっと和歌のとおりの光景になったと思います。

アルミ温室に入って、ヘゴヤシの成長を確かめてみると、ヘゴヤシは寒さにも負けず、新しい芽を出していました。

ヘゴヤシの新芽は、ワラビのようにぜんまいを出しています。

これが伸びてくると、また新しいヘゴヤシの葉が育ってきます。

寒さに負けず、新しい芽を出して伸びている姿を見ると、まもなく春が来ると思い、寒い中でもヘゴヤシが成長しようとする意欲を感じました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です