沖縄から持ち帰った芭蕉は、淡路島大磯で、芭蕉の群生にまで育っています。

芭蕉は学術名をジャパニーズバナナと言われ、日本特有のバナナの一種です。

松尾芭蕉は、芭蕉の木の性格を考え、芭蕉の木は柱にもならず、葉はなんの役にも立たない、しかし、成長は速く、自分の成長を芭蕉の葉の成長になぞられて自分は世の中の役に立たない人間である。

しかし、芭蕉の葉が夏の陽を浴びて輝いている姿や、風に揺れている姿は、南国のような安らぎを私たちに与えてくれます。

沖縄に行くと、家の庭に、野原に、山の斜面に芭蕉の木が茂っているのが目につきます。

芭蕉はバナナそっくりで、よほど目が肥えていないと、芭蕉とバナナの木の区別は難しいくらいです。

神戸の気候では、バナナは冬の寒さに耐えられず、野外では、越冬できずに枯れてしまいます。

しかし芭蕉の木なら、厳しい冬に葉は枯れても、翌年の春にはまた新しい芽が出て、青々とした葉を茂らせてくれます。

この芭蕉を庭に植えたくて、沖縄のホームセンターで芭蕉の苗を買ってきて、淡路島大磯の海辺の庭に植えてみました。

芭蕉の苗は、初夏から夏にかけて、どんどん成長してその背丈も4mを超えるほど成長してきます。

新しい株も増えてきて、芭蕉の群生が見えてくるまで育ってきています。

芭蕉の増え方は、バナナの増え方と全く一緒で、親株の周りに子株が芽を出し、タケノコのように増えてきます。

条件が合えば、バナナの実とそっくりな芭蕉の実がなることが期待されます。

そのためには、毎年根元に牛糞の肥料を施してやることです。

今年も、寒い冬に寒肥をあげておきました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です