鰯は、南蛮漬け、丸焼き、甘辛炊きで調理しました。

U君の釣った鰯なら、たとえ台所が魚の汚物で汚れても、誰からもクレームは出ません。子供は王様です。

鰯のサビキ釣りでU君はたくさんの鰯を釣って帰ってきました。

冬の鰯は、脂がのって、夏の鰯と比べると、型が大きく、よく肥えています。

たくさんの鰯を、台所で捌く作業になりました。

もし私なら、奥さんははっきりと嫌な顔をして、台所が臭くなると非難します。

ところが、孫のU君が釣ってきた鰯の場合は、目を細めて、「偉かったね、よくこれだけ釣れたね」と、ほめています。

なんでこんなに待遇が違うのか、見ていて聞いていて、その不公平さに抗議したくなります。

鰯は漬ける方法と、焼く方法と、甘辛炊きの3つの方法で調理しました。

最初はU君のお父さんが一匹ずつ鰯の腹をさいて、頭を付けたまま、丁寧な下処理をしていましたが、

だんだんとめんどくさくなって、頭を切り落として腹をさけば、一気にスピードアップになりました。

甘辛炊きは私が味付け担当です。

南蛮漬けは、片山正喜さんの担当です。

焼くのは、奥さんの担当です。

かくして、全員参加型の鰯づくしの料理ができました。

いずれの調理方法もとっても美味しくて、大好評でした。

U君は、自分で釣った魚となれば、好き嫌いを言わずに、たくさん食べて、親も大喜びです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です