有馬温泉 太閤の湯へ行ってきました。

金の湯、銀の湯も良いですが、たまには違う温泉施設に行ってみます。 社長ブログ神戸/有馬温泉/太閤の湯

寒い季節になってきましたので、近場ということもあり、有馬温泉へ行ってきました。

三宮から電車でわずか45分で、有馬温泉駅に到着です。

ちょうど紅葉の季節なので、「ねね橋」の近くでは沢山の人が記念撮影で足を止めていました。

「ねね」とは、豊臣秀吉の正妻です。

こちらのねね像は、有馬川を挟んだ向かいの秀吉の像と見つめ合っているそうです。

秀吉像は、有馬温泉駅を出てすぐのところにあります。

今回は「太閤の湯」という、有馬温泉街にある言わば巨大なスーパー銭湯のような施設に行きます。

「太閤」というのは有馬温泉を愛した太閤・豊臣秀吉から来ています。

有馬で有名な金の湯・銀の湯、露天風呂、無料の岩盤浴、お食事処などがあり、

タオルや館内着なども全て貸し出してくれるので、手ぶらで利用する事ができます。

有馬温泉駅から無料の送迎バスが出ていますが、徒歩でも十分行ける距離です。

坂道が苦でなければ、温泉街をぶらぶらしながら行くのも良いと思います。

こちらの入館料は、平日2400円、土日祝日は2600円と、少々高く思えます。

ここで便利なのが、「太閤の湯クーポン」です。

改札を通すカードになっていて、これを使えば往復電車賃と入館料込みで2540円でした。

こちらは阪急、阪神、市営地下鉄などの各沿線で購入することができます。(※各沿線によって価格は違います)

三宮~有馬温泉まで往復約2000円弱はかかるので、電車で行かれる方は購入しておいた方が良いと思います。

また、無料の岩盤浴は人気なので、お風呂に入る前に予約をしておいた方が無難です。

私が行った時には、平日にも関わらず1時間待ちでした。

紅葉のシーズンなので、人が多かったのかもしれません。

ドクターフィッシュもありましたが、挑戦する勇気がなく断念しました。

露天風呂でゆっくりしていると、あっという間に時間が過ぎていました。

辺りはすっかり暗くなっていて、紅葉のライトアップが綺麗でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です