白い珊瑚礁は、サンゴの墓場です。守ってあげたい緑の珊瑚礁。

地球の温暖化の悪影響で、沖縄近海のサンゴは、白化現象を起こしています。 社長ブログ沖縄/シュノーケリング/沖縄の珊瑚礁

地球温暖化のせいなのか、2016年の夏は猛暑日が続き、沖縄の海も、陸地に近いところでは、水温がかなり上昇しています。

恩納村のサンゴ礁をシュノーケリングしてみると、サンゴ礁が水温上昇のため白化現象を起こしているようです。

比較的水深の浅いところでは、せっかくサンゴの保護活動により、新しいサンゴが成長していたにも関わらず、白化現象が起きていました。

一度サンゴが死滅すると、その回復には、何十年もかかるそうです。

恩納村漁業組合では、サンゴ礁の復活を目指して、サンゴの苗をハウスで育て、一定の大きさになると、海に定植する活動をしていました。

このサンゴの骨接ぎ活動は、地道な活動です。

サンゴが育つには、かなりの年月が必要だからです。

沖へ沖へシュノーケリングで進んでいくと、リーフに近くなってきました。

海の水は、1日に2回満ち潮と引き潮があります。

満ち潮になると、沖の方から比較的冷たい海水が、波のように押し寄せてきます。

水深の深い地域になると、シュノーケリングしていても、水温の変化を肌に感じます。

つまり、冷たい海水に、暑くて弱ったサンゴが助けられています。

昔流行った曲に、ズー・ニー・ヴーの「白いサンゴ礁」があります。

その歌詞の中に、南の島に静かに眠る白いサンゴ礁があります。

♪~

南の果ての

海の彼方に

ひそかに眠る

白い珊瑚礁

まことの愛を見つけたときに

きっと二人で訪れるだろう

白い珊瑚礁の歌詞を口ずさみながら、シュノーケリングを続けています。

ふと考えたのは、白い珊瑚礁は、現実にはサンゴの墓場です。

白い珊瑚礁の歌詞は、素敵な歌詞ですが、サンゴには白くなってもらいたくない、そんな気持ちで、白い珊瑚礁の周りをシュノーケリングし続けてきました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です