『天は人も我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て、人を愛するなり』西郷隆盛

鹿児島旅行の最後は、西郷公園でした。鹿児島ツアー(13) 社長ブログ鹿児島/道の駅霧島/西郷公園

鹿児島空港から徒歩3分ほどのところにある、西郷公園に寄ってみました。

ここは西郷隆盛にまつわる様々な資料などが展示されています。

NHKの大河ドラマは、次に西郷隆盛の話になるので、ここで少し西郷隆盛に関する勉強をしておきます。

西郷隆盛という人は、とにかく器の大きい人だったようです。

西郷隆盛の伝記を読むと、

「小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く」話の大きさに応じた返答が返ってくる、まるで鐘のような人だと例えられています。

西郷公園には、西郷隆盛の大きな像がありました。

腕を組んで考え事をしながら遠くを見ているような感じの像です。

この西郷隆盛の像は、屋敷の塀を超えて、家の外からも見える大きな像です。

今日は、いつもなのか、今日だけなのか、訪れている人は私と奥さんの二人だけでした。

西郷公園は、鹿児島市が作ったのか、入場料は無料でした。

公園にはホールがあって、ここで講演会などもできそうです。

西郷隆盛の揮毫です。

『天は人も我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て、人を愛するなり』

西郷公園は、まるで武家屋敷のように土塀に囲まれた大きなお屋敷です。

屋敷の中には人影がなく、庭の隅にひっそりと季節の花が咲いていました。

そろそろ鹿児島発神戸行きの飛行機の時間が近づいてきたので、レンタカーを返して、鹿児島空港に向かいます。

鹿児島空港は、想像以上に大きな空港でした。

これまで大きな空港として記憶に残っているのは、東京の羽田空港、大阪の伊丹空港、そして沖縄の那覇空港です。

鹿児島空港は、神戸空港よりも大きく、鹿児島が有力な観光地であることがわかります。

今回は、初めての神戸鹿児島の飛行でした。

機会を作り、また飛行機で鹿児島に来たいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です