神戸の湊川神社で、七五三詣をしました。

孫の七五三詣を見ると、何十年か前のわが子の七五三詣を思い出します。

朝には、朝日が昇るように、これからの一日が始まります。

夕べには、夕日が沈み、今日の一日が終わります。

太陽の日は、一日のうちに、昇る太陽と、沈む太陽があります。

人の一生も、生まれたばかりの赤子が、日が昇るように少しずつ成長し、その節目として、3歳、5歳、7歳の節目の年を迎えて、成人に向かって進みます。

昇り切った日は、やがて沈むように、人の人生も50歳頃から、少しずつ日が沈むように、老いていきます。

昔の定年は55歳でしたが、それが60歳に延長され、今は65歳にまで延長されています。

孫の七五三参りは、これから昇る太陽のように、光り輝いたエネルギーを持っています。

保育園、幼稚園、小学校へと進学し、さらには、中学校、高等学校、大学へとより難しいレベルの学問を吸収して、将来の仕事ができるように、より専門的な学問を絞っていきます。

孫と、私の間には、私の子供がいます。

何十年か前に、親がしてくれた七五三参りを、今度は親となった子供が、親の期待を超えて、自分の子供に健やかに成長するようにと、神や仏にすがって、七五三参りをしています。

2016年の七五三詣でに来た神社は、湊川の戦で有名な、楠木正成を祀る湊川神社です。

通称、楠公さんと言われる、湊川神社では、自分の子供や孫に対して、同じような気持ちで集まったお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんで、境内は賑わっています。

列を作って順番を待ち、順番が来ると、たくさんの七五三の当事者と、その家族が神殿に向かって、誘導された通りに前に進み、着席し、お祓いを受けます。

祈祷料は、一人7000円です。

神社の神主としては、一人に祝詞を挙げるより、何十人の氏子に祈祷を挙げたほうが、より生産的です。

このような、伝統的な行事を神社で挙げるのは、根底に子どもの幸せを願う、親の気持ちがあればこそです。

境内の隅のほうから、外国人の方が、望遠レンズを使って、この儀式を興味深く写真撮影をしていました。

神社の神を信じていない、文化の違う外国の方から見ると、このきらびやかに着飾った幼い子供たちの、神に祈る行事は、どのように映っているのでしょうか?

儀式の中心となる、古式にのっとった衣装を着た祭祀が、

たくさんの子供たちの幸せを決定づけるような力を持っていると思っているのでしょうか?

鰯の頭も信心からと言われるように、伝統的なこの神事を信じているからこそ、今日の七五三の行事は厳かに進んでいます。

一番最初に写真撮影があり、写真撮影が終わると、終わった順に神社の神殿でお祓いを受け、恭しい神主の祝詞に頭を下げ、七五三の行事はほぼ終わりました。

一番大きな目的は、やはり写真に今日の節目の祝いを残すことと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です