記念植樹したビワの木と、ゆずの木は、金城家で大きく成長しています。

桃栗3年柿8年、では、ビワの実がつくのは何年かかるでしょうか?10年かかりそうです。 第160回沖縄訪問(19) 社長ブログ沖縄/記念植樹/枇杷の木/柚の木

楽しいことは、気持ちが夢中になっているので、あっという間に終わってしまいます。

苦しいことは、なかなか時間が進みません。

今日は楽しかった沖縄家族旅行が終わり、神戸に帰る日になってしまいました。

ホテルから前兼久の集落の皆さんに、私の気持ちが届くよう、大きな声で

「今日で帰ります!楽しい思い出を有難うございました!」

と言いたくなるような気持ちです。

普段からホテルに滞在中は、旗を立てて、

松葉博雄が前兼久に来ていることをわかるようにしています。

帰る前には旗を納めて、まるでオリンピックが終わった後の聖火が消えるように、

前兼久を去る儀式を自分自身の心の中でしました。

今回もまた色々と収集物が集まったので、ゆうパックで神戸に送ります。

宅配を利用すると、ずいぶん旅が楽になります。

重いダンボールの箱を神戸に送っても、送料は2000円程度で済みます。

色々とお世話になった金城家に寄ってご挨拶をして、

また、次の前兼久訪問までの名残を惜しみました。

金城千賀子さんが、

「この木は松葉さんが、うちの家に記念植樹してくれた木ですよ」

と見せてくれたのは、一つは琵琶の木、もう一つはゆずの木です。

この記念樹は、沖縄訪問100回を記念して2008年11月に金城家に植樹させてもらいました。

琵琶も柚子も、神戸で植えた場合より、沖縄で植えたほうが、はるかに早く成長しています。

成長は早いのですが、肝心の実がなりません。

琵琶の木は、高さばかり伸びて、期待の琵琶の実がついていません。

金城千賀子さんに、根元に肥料をあげてくださいとお願いして、来年の吉日に期待します。

沖縄レンタカーに車を返して、那覇空港に送ってもらい、那覇空港で朝昼兼用の食事を頂きました。

いつも決まったように注文するのが、長崎ちゃんぽん皿うどんです。

皿うどんは、「うどん」という名前なのに、中身は細麺の揚げそばです。

帰りの飛行機は、ほぼ満席です。

また次の沖縄訪問で、しっかり仕事をして、会社に貢献したいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です