沖縄のお盆の送り火は、うちかびを燃やします。

あの世へご先祖様を送り出すときには、お供えを持って帰ってもらいます。 第160回沖縄訪問(18) 社長ブログ沖縄/沖縄の風習/うちかび

旧盆の日にエイサーがあり、ご先祖様があの世から、この世の自宅に戻ってきた後には、送り火の日があります。

ご先祖様をあの世に送り出す夜には、家の玄関に火を焚いて、その火にウチカビと言って、模造紙幣を焼いて、あの世のお金として持たせます。

うちかびの文化は、台湾に行ったときにも見たことがあります。

あの世に帰るときには、お土産をうんと渡せます。

そのお土産は、門中の皆さんからのお盆のお供えです。

とてもたくさんあるので、気持ちの上では、サトウキビを天秤棒代わりに使い、両端にお供えをつるして、あの世へのお土産にもって帰ってもらいます。

まぁ、こんなところが、お盆のご先祖様を送り出す伝統文化のやり方です。

金城正浩さんと松葉博雄の会話が、周りの人にとってみればとても面白いので、聞き耳を立てながら、一言ずつに爆笑が起きています。

何しろ、金城正浩さんは耳が遠く、松葉博雄が何を言っているのかは聞こえません。

松葉博雄は、金城正浩さんが、沖縄の方言で遠慮なくしゃべっているので、

聞こえていても、意味不明です。

なのに、ちゃんと会話が成り立っているので、周りの人はそのすれ違いに大笑いです。

金城正浩さんは、パッションフルーツと、アテモヤの栽培の専門家です。

その話になると、身を乗り出すように熱心になってきます。

大事なところは、紙とボールペンを借りて、筆談となって、やや意味が通じてきました。

次の訪問先は、金城正則さんのお宅です。

ハウラ君が大喜びです。

沖縄を尋ねると、季節ごとに、ご先祖様を大事にする行事が続いています。

私も、松葉家や、松葉家のご先祖様を大切にしないといけないと、改めて思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です