沖縄に来て、平穏な一日を送れることが、最高の幸せであることが伝わってきます。

毎日の忙しい生活から、平穏な家族との食事を楽しめて幸せです。第160回沖縄訪問(10) 社長ブログ沖縄/紅芋ソフトクリーム

読谷(よみたん)ビーチで、U君中心の激しいシュノーケリング練習、大人にとっては何とも物足りない、シュノーケリングもどきの練習が終わると、一同、着替えを終えて、お菓子御殿の方向に行きます。

みなさん、沖縄の熱い直射日光を浴びた後なので、欲しくなるのは冷たいもので、ソフトクリームに集中しました。

私が選んだのは、紅芋ケーキのソフトクリームです。

お菓子御殿は、二か所あります。

前からあった一か所は、バイパスができたために、メイン通りから外れて、最近はやや劣勢になっているようです。

この残波ロイヤルホテルの近くのお菓子御殿は、先発のお菓子御殿の劣勢をカバーするために、目下奮闘中です。

ホテルに戻って、シャワーを浴びてのんびりしていると、

U君は、これから夕食に出かけるまでのほんのわずかな時間も、まだ真水のプールに行って、お父さんと一緒に泳ぎを楽しみたがっていました。

夕食はどこにしようか迷います。

恩納村前兼久の、ホテルムーンビーチの周辺は、すっかりリゾート村になって、

村の人たちや、慣れた観光客が利用するには、違和感のあるお店ばかりになりました。

その中で選んだのは、お寿司のずけやまです。

ずけやまは、地元の人が利用する、数少ない店です。

お店に入ってみても、顔見知りの人と、出会うことが多いのです。

海ブドウを一皿注文しました。

かなり塩分の強い状態です。

次に、もずくの天ぷらです。

もずくのてんぷらが美味しいかどうかは、使う小麦粉と、油の鮮度、そして揚げる温度です。

お客様がだんだん増えてきて、注文してからテーブルに届くまでの時間が、次第に長くなってきました。

こうなると、お腹が持たないのは、U君とMちゃんです。

それを見越して、二人には、お子様ランチのような、子供用の寿司を先にお願いしましたが、なかなか出てきません。

先に、大人用のにぎり寿司が出てきています。

これが特上寿司です。

U君のお父さんには、寿司だけでは物足りないので、豚肉を使ったラフテー丼をお願いしています。

外科医の話を聞くと、一回の手術の時間は、7~8時間に及ぶこともあるそうですが、その間、食事もトイレも休憩はなしで、ずっと神経を集中させているそうです。

そんな毎日なら、今日はうんと気を休めて下さいと、ビールをすすめたり、料理をすすめたり、リラックスできるように楽しい話を選びました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です