残波ロイヤルホテルが見える読谷(よみたん)の浜辺で孫たちは海になじめるように練習です。

片山正喜さんはプロの潜水士だったので、海での指導は信頼感があります。 第160回沖縄訪問(7) 社長ブログ沖縄/読谷の海/シュノーケリング

沖縄の海が好きになるようにするには、幼い時から海に入って、海水に馴染むことです。

私も、幼稚園のころから、広島県の忠海で、エデンの海とも言われたきれいな浜辺で、近くのお兄さんに連れられて海に行っていました。

大人になってから同じ場所に行って、距離感を確かめてみると、幼い時に海に飛び込んで、浜辺に泳ぎ切ったあの距離は、今ではほんのわずかな距離に感じています。

沖縄3日目の朝は、リッキー君たちが帰っていなくなり、これからはU君とMちゃんが一緒に遊ぶお相手です。

前兼久の港や、遠くの眞栄田岬、さらにその先の残波岬を見れば、澄み切った青空で、波もほとんど立っていない、海水浴日和です。

ホテルモントレのはなれに、結婚式場に付随する教会があります。

教会は白塗りの建物で、今日のような強い日差しでは、白がよく生えています。

消費者金融アコムが子会社のホテルモントレが、沖縄にホテルモントレ沖縄をつくりました。

部屋数を増やすために、前兼久や冨着の集落に大きな影響を与えて、風の流れ、景観、観光客が家の周りで騒ぐ声、夏になると水着で集落を歩く姿、これらが環境をかなり悪くしています。

しかし、沖縄の人たちは辛抱強いです。

思っていても、はっきりとは言えない事情もあります。

なぜなら、身内の誰かがホテルモントレ沖縄と、仕事で繋がっている可能性もあるからです。

これは、アメリカ軍基地との関係にも似ています。

基地が無い方がいいことは原則賛成でも、基地から出られている仕事とのつながりは、生活を支えているからです。

奥さんが作ってくれた朝ごはんは、U君にもMちゃんにも口が合うのか、全部食べています。

それともう一つは、これから読谷の浜辺で遊ぶので、ここは全部食べないと、お父さんとお母さんに、海に連れてってもらえないという、弱みがあるからです。

大勢で食べるお食事は、お箸が進みます。

でも、大変なのは、作る人と片付ける人です。

U君のお父さんが、皆が乗れるように大型のレンタカーを借りてくれました。

日差しが強いので、熱中症にならないよう、私は沖縄のヤシの葉で編んだ帽子をかぶっています。

石川のタバタで落ち合って、片山正喜さんがU君やMちゃんの海水浴の用具を選んでくれます。

タバタの店の周りには、売り物用の南国の花が咲いていたり、植木用に植えている南国用の花も咲いていて、今ならハワイに負けないようなトロピカルな花に囲まれています。

U君のお父さんと片山正喜さんが顔合わせをするのは、今回が初めてです。

皆さんから、U君のお父さんは優しい人ですよと、噂を聞いているので、会うのを楽しみにしています。

片山正喜さんのうわさも、U君のお父さんに伝わっています。

お互いに興味を持って、噂どおりの人なのか、今日の一日で判断が出ると思います。

U君とMちゃんは、これから片山正喜さんが、水遊びの先生です。

心構えとして、先生の言うことを聞いて、勝手な行動をしないように、空気察していました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です