道の駅たけはらの穴子は、炭火焼きにすると上等な穴子です。

炭火を使って焼くときは、火の力、網との距離、酸素の取り入れ、炭の量など、経験と修業が必要です。 社長ブログ淡路/穴子炭火焼き/片山正喜さんご来訪

竹原の、道の駅たけはらで買ってきた穴子を、自宅で炭火焼きにします。

炭火を作るのは、当初、片山正喜さんが担当してくれると言っていましたが、

暑いので、冷たい梅酒をコップに入れて出したところ、薄い梅酒なのに、片山正喜さんは酔っ払って寝てしまいました。

そこで、松葉博雄が炭火をおこす係をしながら、穴子も焼きます。

奧さんからは、穴子にタレを付けずに白子焼きにして、焼き上がった後にハケで穴子にタレを塗って欲しいという要望がありました。

しかし、どこにハケがあるのですか?ハケなんかどこを探してもありません。

なので、タレに直接漬けて、焼く事にしました。

その穴子のタレも、調整したのは私です。

醤油、砂糖、みりん、お酒、この4つの調味料を、味を舐め舐め、確かめながら調合しました。

横から刺す、串もありません。

串はないので、穴子はタレにつけては、また七輪へと、タレと七輪を行ったり来たりしています。

ご近所の人は、この穴子の炭火焼きの匂いを、どんな気持ちで匂っているでしょう?

きっと、食べたいなぁ、良い匂いがするなぁ、白いご飯をもって、あの穴子焼きに参加したいなぁと思っているでしょうか?

炭火はだんだんと火が強くなり、ちょっと油断すると、もう火に当たった部分は焦げ目が出ています。

これでは、もし親方がいれば、包丁の峰で頭を叩かれそうです。

「なんじゃ、こんなに焦がして、これで売り物になると思うんか。」

と、怒られそうです。

奥さんに言われて、穴子以外に、茄子とトウモロコシを焼いています。

これは、残り火で焼いています。

残り火なので、火に近くするため、金輪は外して、直火にしました。

隠して出来たのは、今日の穴子丼です。

焼いてみて気がついたのは、竹原の穴子はとても上等でした。

厚みがあり、脂がのって、上等な穴子です。

肉厚なので、あなごの味が、薄っぺらい穴子よりも、うんと脂っこく感じました。

穴子の頭もこれもまた上等で、これはぜひお茶漬けにしようと思います。

焼き茄子もほかほかで、とろけるような柔らかさです。

片山正喜さんは梅酒で酔っ払って寝ていましたが、

穴子の匂いに目が覚めたのか、ちょうど食事が始まる頃に起きてきました。

とても美味しい夕食が出来たので、また、スマホを取り出して、写真に残しています。

きっと、誰かに見せびらかす為に、写真を送るのでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です