神戸 北野ホテルでジャズを聴きながら、ディナーの夕べ(前編)

お揃いで浴衣を着て、喧嘩したことも水に流して、今夜はジャズを聴きましょう!

今年の3月に神戸 北野ホテル結婚式を挙げたカップルに、神戸 北野ホテルより、ジャズを聴きながら、黄昏コンサートの様な食事会の企画のご招待がありました。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

そのイベントに松葉博雄と奥さんもご相伴に預かりました。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

本来はこの日は、浴衣を着てディナーに来る趣向になっています。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

お客様の多くは、ここで結婚式を挙げた方や、これから北野ホテルで結婚式をしようと計画している方ばかりなので、若いアツアツの方ばかりです。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

周りを見ると、松葉博雄と奥さんは、これから結婚する人に見られるかも知れません。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

既にテーブルが用意されて、今日はなんと!フリードリンクということなので、早速ビールを飲みながら、あまりに年長者なので、恥ずかしがって周りを見ていました。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

まだ、夕暮れ時の明るいときなので、ロウソクの明かりは必要ないですが、既にロウソクは灯されています。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

料理が少しずつ運ばれてきます。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

ちょっと無理を言って、松葉博雄だけ味付けを変えてもらいました。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

パンダのように希少動物は食べるものにはうるさいのです。保護してあげないと、食べられるものは限られているのです。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

結婚式では、メインのステージとなっていた場所で、今夜は、シェフが大きなお肉を焼いています。

北野ホテルでジャズを聴く夕べ

お肉が焼けたら少しずつ、カットして小皿に分けていきます。あのカットする役を、松葉博雄はしたいなと思いながら見ていました。

もし、カットする役が回ってきたら、あの人には、このくらい、この人にはこれくらいにと、好きなように切るかも知れません・・・。

 

2006年7月30日